長崎管理人のシュンです。
実はわたくし、YouTubeで音楽系の動画配信をはじめて早5年になります。
取り掛かりは早かったのですが、放置状態でしたので、アクセスは大したことありません。笑

↓こんな感じのYouTubeチャンネルです。詳しく見たい方はこちら。
foto0310

YouTubeで配信しよう!

最近、本業の方で動画コンテンツの提案をすることが多くて、自分もYouTubeチャンネルも充実しようじゃないの!ということで、この1年くらいでチャーニングをボチボチやってます。
Webの面白いところは、やればそれなりの反応がある!ということです。
で、音楽、特にオリジナルの楽曲を多くの方に聴いてもらいたい!というのであれば、このYouTubeのを大いに利用する価値があるのでは・・・と思う次第です。

他の動画配信とYouTubeはなにが違うの?

Webの世界にはYouTube以外にもさまざまな動画配信のサイトがあります。有名なところでは、ニコニコ動画がそうですね。
その他にもいろいろありますが、もっともポピュラーな動画配信サイトはやはりYouTubeですかね。世界中に10億人を超える視聴者数を誇るマンモス配信サイトですからね。

興味深い視聴者層

YouTubeの動画はどの世代にもっとも見られているのか?
これが実に興味深くて、実は35~59才の視聴者層が主力の動画配信サイトなんです。
視聴も再生ボタンを押すだけの簡単操作。動画検索も普通にブラウザの検索が出来れば容易に可能・・・
つまりユーザーフレンドリーな操作性もミドル層に受け入れられている要因のようです。

さあ!ハンディカメラをもって撮影だぁー!

これまではオリジナルの曲をWebで配信しようと思えば、MP3など音声データで配信するのが普通でしたが、これからはプラス動画で配信した方が視聴数をあげるにも最良の方法と思うのです。
自分をバンバンだしましょう!筆者も最初は、自分自身が動画に出るのは抵抗がありましたが、最初だけです。そう感じるのは!笑

やればやるだけ上達します。

最初は誰でも初心者です。映像なんてムリムリ!と思っていませんか?
今ではスマホの映像もとったその場でYouTubeにUP出来ますし、動画編集ソフトもアプリでいろいろあるし・・・
是非、挑戦してみてください!

↓筆者の初期のYouTube動画です。映像は最初はこの程度でした。笑
音楽の方は結構頑張って、ドラム以外は自分で演奏やりました。^^ もっともヴォーカル(というかボイス)はサンプリングネタなんですけどね。

↓もっとも最近の動画です。だいぶ進歩しました。笑 エリック・クラプトンの「レイラ」の自分流のリアレンジ版です。

著作権に気をつけましょう

厳密にいいますと↑のレイラのリアレンジ映像は著作権などに引っかかる動画になります。ちょっと危険かも。。。汗
著作権に触れる映像はYouTubeから削除指示がきますので、その時は素直に削除しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

あなたのフェンダーやギブソン売ったらいくら?
今すぐ査定!!
無料でこちらから

楽器買取専門店【楽器の買取屋さん】最短30分の無料の出張見積もり

【簡単3分あなたの楽器は売ったらいくら?】
簡単に査定の無料申込みができるんです!!
楽器の買い替えなどにいくらで買い取ってもらえるか!
無料査定してみましょう!!

Count per Day

  • 240現在の記事:
  • 211今日の閲覧数:
  • 248昨日の閲覧数:
  • 2320先週の閲覧数:
  • 1724月別閲覧数:
  • 2013年12月4日カウント開始日:
ページ上部へ戻る