カルロス・サンタナの秀逸なソロ・ワーク you can have me anytime

69年ウッドストックで衝撃のデビュー
70年代初期にラテンロックを確立したカルロス・サンタナ
数々のヒット曲を飛ばし
不死鳥のごとく何度も復活

th_img_0

しかし、そのサンタナも
あまりにもラテンロックのインパクトが強く、様々な試行錯誤の音楽は振るわず
80年代入いるとサンタナの時代は終わったといわれました。

カルロス・サンタナの時代は終わったのか?

サンタナ 起死回生のソロはこれ


3:35からのギターソロに注目

トワイライト・ハイウェイ ~You Can Have Me Anytime」 by ボズ・スキャッグス … このアルバムはTOTOのギタリスト、スティーブ・ルカサー が全面に参加してるのだけど、
この曲でギター・ソロを聴かせてくれるのは、なんと カルロス・サンタナ !

僕も、いや誰もが
ボズ・スキャッグス&TOTO
全盛期をほこるAORの大スターのボズ・スキャッグスとLAの若手超実力ミュージシャンTOTO

まさか、ここにサンタナが登場するとは
当時、驚きました。

このアルバムは全般に前作の大ヒットアルバム シルクディグリーズ同様にTOTOが
サポートメンバーとして活躍しているアルバムです。

なぜ、スティーブ・ルカサーではダメなのか?
そんなことはないのでしょうが

この、叙情的なメロディ
間奏とはいえ、ほとんどエンディングに出てくるソロワーク

テクニック、速弾き 全盛の時代に
泣きのギターで締めくくる。

、、、、サンタナ
まさか
サンタナしかいない

そしてこの印象的なソロは
トヨタ自動車の、クレスタのCMソングにも使われました。

サンタナが使ったこのギターは?

SG?
PRS?

音からするとシングルコイルではないかと思われます。

これは、本当に僕の勝手な推測ですが
サンタなの所有ギターのリストからみると
Fender Stratocaster
62年製ボディとラウンド・ボード指板の63年製ネックを組み合わせたギター。アッシュ・ボディでブロンド・フィニッシュと思われます。

この、トーンはシングルコイルのギターしか出せないのではないでしょうか?

トワイライト・ハイウェイ ~You Can Have Me Anytime


あのマイケル・ランドウでさえ「口パク」の演奏
トワイライト・ハイウェイ ~You Can Have Me Anytime
プロモーションビデオ

このプロモーションビデオ最初観たとき
あれ〜マイケル・ランドウが完全コピーと思いきや
実はこれはサンタナが弾いてますね。
でも、コピー時はポジションの研究になるかもです(笑)

実際、サンタナはボズ・スキャッグスのツアーには出ないので
だれかが、この曲のソロをとらなければなりませんね。


マイケル・ランドウのカルロス・サンタナをリスペクトしたソロが聴ける
ボズ・スキャッグスのライブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Count per Day

  • 2999現在の記事:
  • 393今日の閲覧数:
  • 647昨日の閲覧数:
  • 5135先週の閲覧数:
  • 10863月別閲覧数:
  • 2013年12月4日カウント開始日:
ページ上部へ戻る