VST準拠音源 TRILIAN(トリリアン)とRob Papen(ロブパペン)RG

長崎管理人のシュンです。

念願のベースVST準拠の音源、TRILIANとリズムギターに特化したオランダ産のRob Papenのコラボレーション!そうベースにTRILIAN リズムギターにRob Papen のコンビでリズム隊を制作中です。

TRILIAN(トリリアン)とは?

おそらくVST準拠のプラグインではベース音源としては最高峰のソフトウェアでしょう。エレキベースからシンセベース、アコースティックベースとあらゆるベース音が収録されており、その収録容量はナント!34GBの充実度!!

もちろんハンマーリングオン、プリングオフ、スライド等もリアルに再現可能です。シンセベースで使えるアルペジエーターも搭載。音作りにかかえないエフェクトラックがこれまた標準で装備されてます。

フィンガー、ピック、スラップ、タップ、ミュートなど、多彩な奏法で演奏された生音を録音しており、曲調に合わせて選択することが出来きます。特質すべきはスラップの音色が実にかっこいい!!お値段もちょっと高めですが末永く使えるVSTプラグインだと思いますので結局は得かもしれません。

Rob Papen(ロブパペン)RG とは?

以前、ご紹介記事も書いたことがあるのですが、リズムギターに特化したVST準拠の音源。それがRob Papen RGなんです。

Rob Papenとは聞きなれないメーカー名だと思います。さにあらんオランダのメーカーなんです。ヨーロッパでは知られたメーカーでNative Instrumentsと並ぶ2大プラグインメーカーなのだそうです。

こちらもサンプル音源が充実しており、ストラト系やアコギのサウンドも実機に忠実に再現可能なんです。とにかくリズムギターのみに特化した製品となっており、ギタリストさんなら独自のステップシーケンサー
画面も受け入れやすく操作も理にかなってます。音色も他の楽器に埋もれないエッジの立った音ですね。

サウンドの要はリズム隊

今回、ダイアーストレイツの「悲しきサルタン」に取り組んでおりまして、リズム隊をベースをTRILIAN、リズムギターをRob Papen RGを使って打ち込み中です。やはりリズム隊がバンドサウンドは命ですね。打ち込みに関してもキッチリ打ち込みのではなく筆者も弾くのでアンサンブル重視での打ち込みやてってる最中ですが、この二つのVST音源、とても相性がイイように感じます。どちらの音も他の楽器に埋もれてないですね。存在感がありますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

あなたのフェンダーやギブソン売ったらいくら?
今すぐ査定!!
無料でこちらから

楽器買取専門店【楽器の買取屋さん】最短30分の無料の出張見積もり

【簡単3分あなたの楽器は売ったらいくら?】
簡単に査定の無料申込みができるんです!!
楽器の買い替えなどにいくらで買い取ってもらえるか!
無料査定してみましょう!!

Count per Day

  • 544現在の記事:
  • 112今日の閲覧数:
  • 604昨日の閲覧数:
  • 3936先週の閲覧数:
  • 9004月別閲覧数:
  • 2013年12月4日カウント開始日:
ページ上部へ戻る