ウリ・ジョン・ロート(Uri Jon Roth)

70年代のハードロックから80年代のネオクラシカルへの橋渡し
ウリ・ジョン・ロート(Uri Jon Roth)

ウリ・ジョン・ロート Sky Guitar

ウリ・ジョン・ロートと Sky Guitar

70年代スコーピオンズというハードロックバンドで活躍したのはこのウリ・ジョン・ロート
(Uri Jon Roth)
元々、スコーピオンズにはマイケル・シェンカーとう看板ギタリストがいたのですが
マイケル・シェンカーの脱退後、このスコーピオンズをさせたのが
ウリ・ジョン・ロート

ウリ・ジョン・ロートのスカイギター「Sky Guitar」

ウリ・ジョン・ロートを有名にしたのが彼が発明した「Sky Guitar」
サイケデリックアートでの存在感も話題にあがりました。

Sky Guitar

Sky Guitar

そのギター様式は32フレット!!!
従来のギターに比べてフレット数が多く、より広音域には驚かされます。


Uli Jon Roth unveils the Dean Sky Guitar at NAMM

ウリ・ジョン・ロート
緻密なフレージングと豪快なアーミングなどクラシカルなフレーズとジミヘンの精神を受け継いだ独特の世界をもっています。

80代の速弾きのもととなったハードロック(ネオクラシカル)奏法におけるスィープピッキング、
スィープ奏法の元祖ともいわれる奏法はウリ・ジョン・ロートがはじめたのも特筆すべきことです。


Uli Jon Roth (Scorpions) – “In Trance” Solos (1975)

ウリ・ジョン・ロート
オススメの1枚
SCORPIONS 「[rakuten]book:16832832[/rakuten]」ジミ・ヘンドリックスへの精神的な傾倒からSCORPIONSの
脱退を決意したウリ・ジョン・ロートが残した名演がここに。
泣きのギターとThe Salls Of Charonで見せる美しい旋律と泣きのギターは後のネオ・クラシカルという
分野の原型ともなったもいえるでしょう。

[rakuten]hmvjapan:10889522[/rakuten]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

あなたのフェンダーやギブソン売ったらいくら?
今すぐ査定!!
無料でこちらから

楽器買取専門店【楽器の買取屋さん】最短30分の無料の出張見積もり

【簡単3分あなたの楽器は売ったらいくら?】
簡単に査定の無料申込みができるんです!!
楽器の買い替えなどにいくらで買い取ってもらえるか!
無料査定してみましょう!!

Count per Day

  • 1493現在の記事:
  • 76今日の閲覧数:
  • 421昨日の閲覧数:
  • 2977先週の閲覧数:
  • 9003月別閲覧数:
  • 2013年12月4日カウント開始日:
ページ上部へ戻る