ジェフ・ベックの来日に際して
第2次ジェフ・ベックグループの奇跡的とも言える完全映像です。

th_2014-04-02_0058

ジェフ・ベックに関してはクラプトンと比べて
昔の映像が少ないようです。

スーパートリオと言われた
BBA(ベック・ボガート & アピス)でさえもまともな映像は残っていません。

そんななかで
BBA(ベック・ボガート & アピス)より以前のジェフ・ベックの映像を発見。
時期は第2次ジェフ・ベックグループ

メンバーは
Jeff Beck: Guitar, Backing Vocals
Bob Tench: Vocals
Max Middleton: Keyboards
Clive Chaman: Bass
Cozy Powell: Drums

特筆すべきはドラムのコージー・パウェルでしょうね。
かなり細かなニュンスを出しながら
ドラムを揺らすごとくのパワーでビートを刻んでいますね。

曲目は
01: Got The Feeling
02: Situation
03: Morning Dew
04: Tonight I’ll Be Staying Here With You
05: Going Down
06: Definitely Maybe

Situationのイントロはライブバージョンというか、スタジオ版と比べて
ちょっとひねりを入れていますね。

しかし、この時期、今から42年も前のギターやドラム・ベースのテクニック
今、聞いても全く色あせていませんし
相当高い技術ですね、、、

脱帽です。。。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

あなたのフェンダーやギブソン売ったらいくら?
今すぐ査定!!
無料でこちらから

楽器買取専門店【楽器の買取屋さん】最短30分の無料の出張見積もり

【簡単3分あなたの楽器は売ったらいくら?】
簡単に査定の無料申込みができるんです!!
楽器の買い替えなどにいくらで買い取ってもらえるか!
無料査定してみましょう!!

Count per Day

  • 453現在の記事:
  • 112今日の閲覧数:
  • 604昨日の閲覧数:
  • 3936先週の閲覧数:
  • 9004月別閲覧数:
  • 2013年12月4日カウント開始日:
ページ上部へ戻る