和製プリンス 岡村靖幸特集!

筆者がバンドをやってたピークが1985年から1990年前半なのですが当時はシーケンサーとの同期演奏のバンドでした。ブラスセクションを含めると一時期、ナント!8人の大所帯。(笑)

当時、岡村靖幸っぽいサウンドを目指していた時期で、彼の曲は随分と研究したものでした。と、いうことで、筆者のブログでも人気の高い岡村靖幸の曲をズラズラとご紹介してみます。

イケナイコトカイ

岡村靖幸の初期の傑作曲。本人もプリンスを意識していたようで、この曲もプリンスを彷彿とさせる楽曲ですよね。筆者もこの映像の髪型。そしてスーツ(当時は肩パットが入ったもの。笑)をザクっと着てみたいな、、、筆者にとってもメモリアルな一曲ですね。

この頃の岡村靖幸はまだ痩せていて、イノセントな人格とは裏腹なただれた歌詞が結構退廃的で不思議な魅力を放っておりましたねぇ、、^^

Out of Blue

岡村靖幸とくればデビュー曲の「Out of Blue」は外せませんね。岡村靖幸のオリジナル曲の中でも屈指の名曲です。まあ、筆者の独断と偏見の意見なんですけど。(笑)

イノセントな独特の世界観。サウンドの処理。ヴォーカル・・・当時のJ-POPではとても斬新で新鮮でした。日本語でここまで洋楽っぽく聴かせるか!そんなサウンドでした。

http://youtu.be/xab9M8VIUZ8

今、聴き直してみてもこの曲はやはり良いですね。聴いた後も余韻が残ります。

カルアミルク

独自の音楽性の岡村靖幸のサウンド&メロディ。そんな中でこのカルアミルクのように凄くポップバラードな曲を聴かせるのも彼の魅力の一つです。

http://youtu.be/IHmDvpkZop0

この曲は筆者が好きなアルバム「家庭教師」に収録されている1曲です。

ミラクルジャンプ

私生活ではいろいろあった岡村ちゃんですが、ご紹介する「ミラクルジャンプ」は2003、4年頃ですね。CDにPVのDVDが付録でついていたお得なCDです。(笑)

ちょっと太りだした頃。このあとまた私生活でいろいろあって今は結構痩せてますね。この曲は初期の岡村靖幸を彷彿させる。しかし何回観ても意味不明のPVです。それが狙いなのかな??
ということで、岡村靖幸の曲をご紹介してみました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

あなたのフェンダーやギブソン売ったらいくら?
今すぐ査定!!
無料でこちらから

楽器買取専門店【楽器の買取屋さん】最短30分の無料の出張見積もり

【簡単3分あなたの楽器は売ったらいくら?】
簡単に査定の無料申込みができるんです!!
楽器の買い替えなどにいくらで買い取ってもらえるか!
無料査定してみましょう!!

Count per Day

  • 1493現在の記事:
  • 387今日の閲覧数:
  • 371昨日の閲覧数:
  • 3456先週の閲覧数:
  • 8125月別閲覧数:
  • 2013年12月4日カウント開始日:
ページ上部へ戻る