すばらしきオープンチューニング! ギターの新しい魅力発見!!

foto0670

長崎管理人のシュンです。

僕はヘタくそですが、エレキもアコギも弾きます。

エレキもアコギも同じギターですが、その役割や奏法には違いがありますね。僕が作る曲やアレンジにおいては、ギター(エレキ、アコギ)はアンサンブルの中での重要なパートになります。ギターメインのバンドサウンドももちろん大好きなのですが、DTMでのアレンジとなりますので、歌ものであれば(歌を活かす)ギタープレイやアレンジメントを心がけています。ですから、かえってギターパートが重要だったりするのです。間奏部のアグレッシヴなギターソロだったり、時にメロディアスだったり、、、各楽器のアンサンブルの中で、かすかにですが、カッコイイギターのカッティングプレイがあったり・・・・ 僕にとってはギターサウンドは、スパイスであり、なくてはならない重要なパートなのです。

前フリが長くなりました。^^

ギターのチューニングですが、ほとんどがレギュラーチューニングで弾かれることが多いと思います。

例えばエレキでしたら、スライド奏法などにオープンチューニングは非常に有効な手段となります。

オープンチューニングとは解放弦で1弦から6弦まで「ジャラーン♪」と鳴らした時にあるキーになっているチューニングのことですね。

例えば、解放弦を「ジャラーン♪」でGの響きならば、「オープンG」、Dならば「オープンD」というワケです。

 

オープンチューニングを行うにはまずはチューニングですね。

ということで、オープンチューニングの数々をご紹介してみましょう。

いろいろご意見はあるでしょう。僕の私感としましては、特にアコギでのオープンチューニングは効果的ですね。

foto0650

例えば、押尾コータローさんなどは、6弦から「D・A・D・G・A・D」の通称、ダッドガッドチューニングを多用されています。

解放弦でジャーンと鳴らし、パーカッションみたいにギターのボディを叩いてみてください!気分は押尾コータローさん!

 

オープンチューニングでレギュラーチューニングにないギターの新しい楽しみを発見してみてください!

 

(用意するもの)

チューナー

foto0660

チューナーもいろいろですから、自分にピッタリなものを探すのも楽しいものです。

チューナーによってはオープンDやGとかあらかじめプリットされているチューニングマシンもありますしね。

foto0670

ボトルネック奏法ではよく使われるオープンチューニング。↑

 

(見方:6弦から1弦)

1.ドロップD ⇒ D・A・D・G・B・E :6弦1音下げただけですが独自の響きが良いですね。

2.ドロップG ⇒ D・G・D・G・B・E :ピアノパートなどをもしギターで弾く場合は割と音を取りやすいように思います。

3.オープンD ⇒ D・A・D・F#・A・D :これはロックでもよく使われているオープンチューニング。

4.オープンG ⇒ D・G・D・G・B・D :これもロックでは定番のオープンチューニング!

 

(ここからはおススメの是非、試して頂きたいオープンチューニング)

1.オープンGm ⇒ D・G・D・G・Bb・D :この響き!これにシングルノートを絡めてプレイしてください!

2.オープンD6 ⇒ D・A・D・F#・B・D :メジャーでもマイナーでも両方いける!

3.オープンDmaj7 ⇒ D・A・D・F#・A・C# :これはアルペジオで弾いてシングルノートを絡めるとか良いかと・・・

4.ダットガッド ⇒ D・A・D・G・A・D ⇒ 冒頭でも書きましたが(押尾コータローさん)も多用しているチューニングがこれ!

 

その他にもオープンEなどポピュラーなチューニングは山のごとし!

僕もまだギター、修行の身、、、また新しいチューニングや試してみたら書いてみたいと思います。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • 寿
    • 2014年 1月 26日

    オープンチューニング、理解していてもなかなか使った事が無い。
    理由はチューニングが面倒&リードの指使いが変わるからかな〜(笑)でも、人差し指のバレーだけでコードが弾けるのは魅力ですね。
    それとジミーペイジの変則チューニング、これは過去悩みましたね。どのオープンチューニングでもない。
    DADGADというチューニング有名になりましたが、これはオープンにでネーミングすればオープンD7 ベースが何をとるかによっては(オープンA7Sus4 オープンGadd9)
    また、ジミーペイジのRainSongは確かオープンGsus4で
    メジャーともマイナーとも違う不思議な世界を作っていますね。
    (RainSongは今度書きますね)
    変則チューニングが出来るのも弦楽器の特徴で面白いですね。

    • shun kawasaki
    • 2014年 1月 26日

    寿さん、さすがのコメントありがとうございます!!

    ギターが5本くらいあれば、数本はオープンチューニングにしておくのですけどねぇ、、笑

    ギターならではの楽しみですね。

    • かおりん
    • 2015年 4月 01日

    オープンチューニングと言うか変則チューニングならこれが究極!
    https://www.youtube.com/watch?v=ulxNTs-Szcc
    この人を知って変則チューニングの魅力に取り付かれました!
    6弦をGまで下げる超変則チューニングを多用している日本のギタリストさんです。
    この動画もお勧め。是非ご覧ください!
    https://www.youtube.com/watch?v=ocg7_BdUG0w
    アコギインスト界隈ではかなり有名な方なのでもしかしたらご存知かもしれませんが。

    変則チューニングはギターの良さを最大限に引き出すアプローチですね!

    • shun kawasaki
    • 2015年 4月 20日

    かおりんさん、コメありがとうございます!
    素晴らしい動画!^^/

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

Count per Day

  • 15554現在の記事:
  • 99今日の閲覧数:
  • 783昨日の閲覧数:
  • 4291先週の閲覧数:
  • 13527月別閲覧数:
  • 2013年12月4日カウント開始日:
ページ上部へ戻る