Laura CoxさんYoutube100万アクセス常連 抜群のバッキング – Money For Nothing

インターネットの世界を探すと実に様々なプロ・アマを問わず実に様々なアーティストがプロモーション活動をしている事に驚かされます。

[ad#336]

Laura Coxさんもその一人です。
Wkiiなどには紹介が無いようですが女性ギタリストとしてミュージシャンとして活動されているようです。

FaceBookはこちら
https://www.facebook.com/lauracoxofficial

ギターアンプのorangeのサイトにも紹介されています。
LAURA COX OF LAURA COX BAND

彼女の活動は主にはインターネットを介したyoutubeによるプロモーションにあるようです。

ネット上には数々の彼女の作品がアップされていますが
そのほとんどが70年代の初期から中期くらいまでのロックフループのカバーがで思わず嬉しくなってきます。

[ad#336]

また、各動画の作りも音声も素晴らしく
ほとんどの動画で100万アクセスを超えるという快挙を成し遂げています。

youtubeでのプロモーション動画作りにはぜひ参考にしたいものばかりです。

Laura Coxさんはヴォーカルもベースも弾けるマルチプレイヤーのようですが彼女のギタースタイルの特徴はなんといっても
ロックの特有のリフの抜群のバッキングにあると思います。

こちらも200万アクセスを軽く超えている作品 ダイアー・ストレイツの有名な「Money For Nothing」のイントロ部分

聞いて見てください
まるでマークノップラーの代名詞ともいうくらいのバッキングを軽々としかもそのニュアンスまでも絶妙に再現していますね。

Laura Cox – Money For Nothing intro – Dire Straits cover
Equipment:
-Fender Telecaster Baja
-Bacchus Telecaster (with Lollar pickups : http://optim-guitare.over-blog.com/ )
-Vox AC30cc2 (+ Boss cs3 and Wampler Paisley Drive)
-Takamine EG523sc (12 strings)

こちらも、FreeのAll Right Now

ポール・コゾフという個性的なギタリストをカバーしていまうが
やっぱりこのバッキングは素晴らしい。
ドライブ感と微妙にコードにかけるヴィブラートでしょうかね。
また、もちろんソロも素晴らしいのですが
ヴォーカルはあのポールロジャースのコピーですしベースもアンディ・フレイジャーという強者をカバーしている。
素晴らしい才能ですね。
Laura Cox – All Right Now – Free cover

それでは最後に彼女のヴォーカルとギターテクニックが十分聞ける
「Sweet Home Alabama 」

Sweet Home Alabama cover – Laura Cox

Equipment:
-Fender Telecaster Baja
-Bacchus Telecaster (with Lollar pickups : http://optim-guitare.over-blog.com/ )
-Vox AC30cc2 (+ Boss cs3 and Wampler Paisley Drive)
-Takamine EG523sc (12 strings)

[ad#336]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサードリンク

あなたのフェンダーやギブソン売ったらいくら?
今すぐ査定!!
無料でこちらから

楽器買取専門店【楽器の買取屋さん】最短30分の無料の出張見積もり

【簡単3分あなたの楽器は売ったらいくら?】
簡単に査定の無料申込みができるんです!!
楽器の買い替えなどにいくらで買い取ってもらえるか!
無料査定してみましょう!!

Count per Day

  • 6623現在の記事:
  • 112今日の閲覧数:
  • 604昨日の閲覧数:
  • 3936先週の閲覧数:
  • 9004月別閲覧数:
  • 2013年12月4日カウント開始日:
ページ上部へ戻る