Jess Lewis や Alex Hutchingsなど驚くべき新世代ギタリストの紹介をしてきましたが、「Jack Thammarat」この方も凄い。

特にジェフ・ベックのカバーもしているので注目ですね。
超のつくテクニックもさる事ながら
音色や表情を付けるテクニックはピカいちです。

jackt8a

こちらはお馴染みのベックの18番
Led Bootsを「Jack Thammarat」がカバーしたもの

Led Boots solo cover by Jack Thammarat

そして驚きはこちらCause We’ve Ended as Lovers
「哀しみの恋人達」の指弾き&アームバージョン
このバージョンのカバー演奏は本人以外は非常に少なく希少というよりも
神がかりなベックの指弾き&アームに迫る
渾身の1曲といえると思います。

Jeff Beck – Cause We’ve Ended as Lovers (Cover)

そしてこちらもブロウ・バイ・ブロウから美しいナンバー
ダイヤモンドダスト

Jeff Beck – Diamond Dust Cover

新世代のギタリスト目が離せません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサードリンク

あなたのフェンダーやギブソン売ったらいくら?
今すぐ査定!!
無料でこちらから

楽器買取専門店【楽器の買取屋さん】最短30分の無料の出張見積もり

【簡単3分あなたの楽器は売ったらいくら?】
簡単に査定の無料申込みができるんです!!
楽器の買い替えなどにいくらで買い取ってもらえるか!
無料査定してみましょう!!

Count per Day

  • 915現在の記事:
  • 435今日の閲覧数:
  • 483昨日の閲覧数:
  • 3377先週の閲覧数:
  • 9975月別閲覧数:
  • 2013年12月4日カウント開始日:
ページ上部へ戻る