CM曲の共同制作 Steinberg Cubase 7.5

CM曲の共同制作 東京寿より

VST-Connect-SE

CM曲の制作かなり、境に入った感がありますね。
気というか、、、(笑)
いつオケが仕上がるかネットで気配を感じます(笑)、

話は変わりますが
やっぱり、Steinberg Cubase 7.5が気になりますね。

もちろんCubase 7.5の遠隔地レコーディング機能

このような状況で製作中のオケやパートの音楽が聴ける(モニタリング)できるということは凄い事ですね。
当然作曲のモチーフから共有して、アレンジはもちろんエフェクトやマスタリングまで共同でできるのは凄い事だと改めて感じます。

しかしながら、ネットで探してもこのような機能的な情報はあるもののの実際にCubase 7.5を使ってネットで楽曲を作成した事例的なものはまだないので
さらに、謎というか使い勝手が気になる所ですね。

遠隔地レコーディング機能が使えるCubase 7.5はCubaseのシリーズの中でも最上級のシリーズになるのでソフトの購入にはちょっと値がはりますね。

こちらの動画は遠隔地レコーディング機能のデモ
確かにネット上でコンソールが動いてのがわかります。
やはり、映像と音声はレイテンシーの関係でずれていますが、実際に制作している過程では問題はありません。(動画を録らない限り問題はないですね)

Cubase 7 VST Connect SE 1st Run (Houze Of Phat Productions)

現在は「VST Connect SE 2」ではインターネット越しで「MIDI」を演奏できるとのこと。
このVST Connect SEを使うと何ができるのか?

コラボレーション、共同制作の世界が全く変わってくるでしょう。
楽曲の制作のスピードが、数十倍??
音楽教室などの環境が今と全然違ってくるかも?

音楽世界にも革命が起きそうな感じですね。

やっぱり、使ってみたいですね、!!
Steinberg社にモニター申し込むか!?

Steinberg社
http://japan.steinberg.net/jp/products/cubase/start.html

[rakuten]ikebe:10034485[/rakuten]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

あなたのフェンダーやギブソン売ったらいくら?
今すぐ査定!!
無料でこちらから

楽器買取専門店【楽器の買取屋さん】最短30分の無料の出張見積もり

【簡単3分あなたの楽器は売ったらいくら?】
簡単に査定の無料申込みができるんです!!
楽器の買い替えなどにいくらで買い取ってもらえるか!
無料査定してみましょう!!

Count per Day

  • 527現在の記事:
  • 207今日の閲覧数:
  • 316昨日の閲覧数:
  • 2632先週の閲覧数:
  • 9935月別閲覧数:
  • 2013年12月4日カウント開始日:
ページ上部へ戻る