思わず震えた!ギブソン・レスポール・カスタム物語

img_310

 

画像のギターは、わたしが所有している愛器、ギブソン、レスポール・カスタムです。
本日はこのギターに関するお話を致しましょう。^^/

偶然手に入れたギブソン・レスポール・カスタム

もうかれこれ20数年前、まだバンドをやっていた頃のお話です。
当時はグレコのレスポールモデルなんかを所有していました。当時はフェンダーもギブソンも憧れの存在で、いつかは1本くらいは手に入れたいと思っていたのでした。

ことの経緯はあまり記憶に残っていないのですが、バンド仲間のある方から、このギブソン弾いてみる!?気に入ったら私が所有しているグレコのレスポールモデルと交換して欲しいとの申し出でした。
当時、グレコのギターは質は悪くなく、むしろ本家のフェンダーよりイイ音を出すギターもありました。


突然の話に、実物を見る以前に二つ返事で快諾。その日のうちにわたしのグレコのレスポールを渡したのでした。

数日後、現在も愛器として使用している「ギブソン、レスポール・カスタム」がわたしの部屋ややってきました。
持ってきてくれた友人は、申し訳なさそうに「結構、傷とかあるよ」と言ってレスポール・カスタムをハードケースごとわたしの手に押し付けるとそそくさと帰っていきました。

ハードケースを開けるとそこには!

img_330

ズッシリと重いハードケース。さすがギブソンじゃわい!とか心はルンルンです。
さて、ケースを開けてみると・・・・

ムムム?? 茶色!? 変わった色のレスポールだなぁ、、、
それまでわたしの中でのレスポールは、黒とかホワイトでした。
珍しいなぁ、、、これホントにレスポール?バッタもんじゃないよね?笑

いやはや無知とはホントに怖いものです。笑

ネックの反りもないようだし、フレットは十分残っているしイイんじゃないの。^^

ただボディの傷が結構すごい!特にギターの裏側、ちょうどベルトのバックルなどが当たる箇所はそこそこ大きな傷がはいっている。
以前の持ち主はライブ中心だったのかな?とかそんなことを思いながら早速リペア開始です。
といってもクリーニングがメインだったのですけどね。

玄をはずし、フレットを磨き、ボディをふきあげ・・・

ぶっとい音に腰が浮いた!

img_340

当時自宅にあったYAMAHAのギターアンプにシールドを通して音を出してみました。
取りあえずAのコードを押さえてと・・・笑(当時も今もギターの腕はたいしたことありません。^^)

「グャイーン」

もの凄い音がアンプから飛び出してきました。思わず腰が浮いた!

サスティーンがあるって言うんですかね、音の心地よいのびがあり、アンプのみでドライブしている音。
当時のメインギター、アリアプロのストラトキャスタータイプの音とまるで別物!

分厚い音の存在感

最高じゃないの!!

それ以来このギブソン・レスポールカスタムがメインギターとなったのは言うまでもありません。現在もそうです。

友人の間では何故か不人気!?

後日、友人に聞いた話なのですが、元々はプロのギタリストさんが使っていたようなのですが、人の手から手へ渡り、最終的に僕の手元へ来たということのようでした。もしかしたら、誰かが盗んだギターが巡り巡って・・・みたいな話を聞きました。しかし、今となっては真実を知ることは不可能です。なにせ20年以上の話ですし・・・

わたしの周りの友人の話では、音がデカすぎて扱いきれない。ということで、所有してもすぐ手放すということでした。まあ、ヘタクソが扱うとこんな評価になっちゃうんですね。笑

わたしは現在は宅録中心ですので、アンプシュミレーターのソフトウェアでサウンドメイキングすることが主ですので、アンプに通すことはほぼありません。
だから扱えるのかな??
それにしてもこんなイイギターを手放す人の気がしれないと・・・

プロミュージシャンの評価

わたしの友人にプロギタリスがいます。その人はまだ30代前半の方なのですが、TOTOのスティーブルカサーとコラボしたりなど実力の持ち主です。現在は、福岡を拠点でギター教室やらいろいろな事業も手掛けている事業家の顔ももっている人です。

その友人が、僕の愛器のレスポール・カスタムくんをレコーディングで貸してほしいとわざわざ福岡から長崎までやってきました。
どうしてもこの音じゃないとダメなんだと!
さすがプロですね!こだわりが半端ないですね。
おまけにただ借りるだけでは申し訳ないとギャラまで頂いて・・・^^;;

そんなこんなで、現在またその友人に貸し出してます。
そんな友人もワインレッドのボディのレスポールくんの正式な情報を持っておらず、今まで謎のままでした。
とにかくボディ裏の傷もこのままで、リストアしないようにその友人から言われましたので、現在までボディの修復はおこなっていません。

1975年製のレスポールカスタムであることが判明!

これまでその所在を知らぬまま現在まで至っていたのですが、数日前ちょっと調べてみることにしました・・・

すると1975年製のレスポールカスタムであることが判明!この色は「チェリーレッド・フィニッシュ」ということで、この色は1975年製が最後期なのだそうです。
制作本数がこのカラーでは1971年~1975年までわずか2500弱しか世に出ていないということでした!

余談ですが・・・

img_350

ビートルズのメンバーであったジョージ・ハリスンが57年製ゴールドトップのものをSGと同じチェリーレッドにリフィニッシュしたギブソン、レスポール・カスタムを愛用していたみたいで、もともとはエリック・クラプトンの所有であったものが、1968年8月初旬にクラプトンからジョージに譲られたのだそうです。

それで、ハードロックカフェに展示されているジョージ・ハリスン愛用のレスポールの画像と現在所有しているわたしのギブソンとまったく同じものではないかと思ってます。

そしてジョージ・ハリスン愛用のこのレスポールも以前、盗難にあったことがあるのだとか・・・

とにかくわたしの家では家宝のひとつには違いありません。生涯大切にしたいと思っています。^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサードリンク

Count per Day

  • 9367現在の記事:
  • 97今日の閲覧数:
  • 783昨日の閲覧数:
  • 4289先週の閲覧数:
  • 13525月別閲覧数:
  • 2013年12月4日カウント開始日:
ページ上部へ戻る