全くの初心者のギター上達の近道は?

先日、FaceBookの投稿で

「全くの初心者時代どうやってギター覚えましたか?」
アドバイスくださいという問いがありました。

もちろん当時はギター教室も無く、教本もTAB譜も今みたいにはなくて
、、、、
あれ、どうやって覚えたのか???
いちばん大きかったのは切磋琢磨する仲間の存在がいちばん大きかったように思えますね。

 

th_a0003_000569

そして、自分の当時の事を思い出して書いてみたのが以下の3つ。

ギターは指が動かないと始まらない

①リードを弾くとなるとまず、指が動かなくてはなりません。
僕はギターをはじめた時はメジャースケールを以下の指運で毎日、100回とかやりました。
6弦8Fのドを中指で押さえてそこからドレミファ、レミファソ、ミファソラと
16分音符で弾いて行って、1弦までいったら1弦10Fのレを小指で押さえて
今度はレドシラ、ドシラソ、シラソファと最初の6弦まで戻ります。
指の動きには効果覿面です
まずは指が動くと全然、違いますよ。

耳でコピーする事は重要です

②並行して好きな曲のリード部分を耳コピしました。
耳コピが難しいようならTab譜を見てもいいです。
好きで必ず弾きたい曲をコピーすることが上達のポイントです
また、ペンタトニックスケールを覚えておくと耳コピはめちゃくちゃラクになります。

仲間、ライバルと目標

③仲間、ライバルと目標を持つ
僕は中学生くらいからギターを弾き始めましたが、友達でメチャクチャ上手いのがいて、そいつに負けないよう練習に励みました。お互い技を見せ合うような(^^)
彼がいなければ上達しなかったかもです。

今、福岡からな東京に転勤で来て20数年ぶりにギターを再開しましたが、プロとセッションしたいという目標を持ってやりました。
この目標のおかげでプロのギタリストの方と知り合えてセッションも数回出させて頂きたました。(^^)
目標を持つことはいいことだと思いますよ!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

あなたのフェンダーやギブソン売ったらいくら?
今すぐ査定!!
無料でこちらから

楽器買取専門店【楽器の買取屋さん】最短30分の無料の出張見積もり

【簡単3分あなたの楽器は売ったらいくら?】
簡単に査定の無料申込みができるんです!!
楽器の買い替えなどにいくらで買い取ってもらえるか!
無料査定してみましょう!!

Count per Day

  • 974現在の記事:
  • 530今日の閲覧数:
  • 492昨日の閲覧数:
  • 4288先週の閲覧数:
  • 11479月別閲覧数:
  • 2013年12月4日カウント開始日:
ページ上部へ戻る