脱・ギター・初心者 ブルースで使えるコード③ 13thコード

脱・ギター・初心者

ドミナントセブンス系を使ったブルースで使えるコード
前回は9thコードの話をしました。

th_2014-03-18_2354

A7 E7などの(ドミナント)セブンスコードに加えるテンションノート
として9thとともに使えるのが13th

13thは6番目の音の1オクターブ上で
キーがCであれば
ドレミファソラシドのルートから数えて6番目に当たるラの1オクターブ上のラの事

ルートから数えるとこの1オクターブ上のラは
7+6=13となって13番目の音になります。

13thコードのダイアグラム

A7 E7などの(ドミナント)セブンスコードに13thを加えたダイアグラムは
以下のようなものがよく使われます。

右はルートと5度を省略したフォームです

また、9thに13thを加えたコードもよく使われますね。
A7(9 13)右はルートと5度を省略したフォームです

こちらはよりジャジーな響きがしてコードに彩りを与えてくれますね。

13thコードの構成音

コードの構成音は
ルート 3度 5度 ♭7 9th 13th
となりますが、5つの音を同時に押さえるのは大変ですし音が濁ってしまします。

そこで、このようなテンションコードは
ルートをベースに受け持たせ、5度を省略する事もできますので
3音から4音くらいでヴォイシングを考えると綺麗な響きとなります。

様々なコードダイアグラムを考えてみると楽しいと思いますよ。
脱・ギター・初心者

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Count per Day

  • 681現在の記事:
  • 393今日の閲覧数:
  • 647昨日の閲覧数:
  • 5135先週の閲覧数:
  • 10863月別閲覧数:
  • 2013年12月4日カウント開始日:
ページ上部へ戻る