デュアンの生まれ変わり天才ギタリスト13歳の時の動画

33980_2

Derek Trucks 天才ギタリスト13歳の時の動画
彼はこの後の運命を知っていたのでしょうか?
曲名は「愛しのレイラ」

映像を見なければ1:40あたりからの高音でむせび泣くギターは
まるでデュアン・オールマンそのもの
13歳とは到底思えませんね。

24歳という年齢で若くしてこの世を去った
天才ギタリストデュアン・オールマンの生まれ変わりともいわれているデレク・トラックス

デレク・トラックスなしでは再現できない「愛しのレイラ」

先日のクラプトンの日本公演武道館へ行って来ました。
もちろん「愛しのレイラ」は絶対に聞きたい曲だったので。

main_r1_c1
しかし、「愛しのレイラ」は演奏はしてくれたものの
アコースティックバージョンでした。

「愛しのレイラ」デレク・アンド・ザ・ドミノス バージョンは曲の構成上どうしても
重要な部分が欠けてしまいます。それは
天才ギタリストデュアン・オールマンのむせび泣くスライドギター

クラプトンが単独でやる
「愛しのレイラ」もどこかやっぱりデレク・アンド・ザ・ドミノスのバージョンと
違和感がありまうすよね。

デレク・トラックスによって再現された「愛しのレイラ」

デレク・トラックス:彼は生まれてくる前からこのような
宿命を背負っていたのでしょうか?

デレク・トラックスの叔父は
オールマン・ブラザーズ・バンドのオリジナル・メンバーであるブッチ・トラックス

当然、デュアン・オールマンのいた初期のメンバーです。

デレクの名前は、デュアン・オールマンが参加したクラプトンの「いとしのレイラ」を発表した
バンド、デレク・アンド・ザ・ドミノスから取られています。

そして、デレク・トラックス9歳でギターを始め4年後の13歳で素晴らしい演奏をみせています。

そして彼は2006年にはエリック・クラプトンのツアーにも同行しクラプトンと「レイラ」で
デュアン・オールマンの魂とも言えるスライドギターで参加しています。

これですね、どう聞いてもデュアン・オールマン
やっぱりデレク・トラックスが参加しなければ「愛しのレイラ」デレク・アンド・ザ・ドミノスバージョンは
再現されないのでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

あなたのフェンダーやギブソン売ったらいくら?
今すぐ査定!!
無料でこちらから

楽器買取専門店【楽器の買取屋さん】最短30分の無料の出張見積もり

【簡単3分あなたの楽器は売ったらいくら?】
簡単に査定の無料申込みができるんです!!
楽器の買い替えなどにいくらで買い取ってもらえるか!
無料査定してみましょう!!

Count per Day

  • 719現在の記事:
  • 39今日の閲覧数:
  • 389昨日の閲覧数:
  • 3164先週の閲覧数:
  • 10237月別閲覧数:
  • 2013年12月4日カウント開始日:
ページ上部へ戻る