スティーブ・ルカサーに挑戦??

休日なのでBoz Scaggs のアルバム「Down Two Then Left」
ぼんやり聞いていました

おっ!!
スティーブ・ルカサーの名演と言われる「A Clue」のソロ!!

2:40からはじまる、わずか30秒くらいのソロに
スティーブ・ルカサーのエッセンスが集まっています。

BGMとして久しぶりにBOZを聞いてたんですが
コピーしたくなってしまいました。(笑)

2014-11-09_1752

音はわりと簡単に採れたのですが
この音やフィーリングを出すのはまだまだ(^-^)
練習が、、、、

音を採ってみると
この頃のルカサー(TOTO以前)はジェイ・グレイドンのチョーキングやラリーカールトンの音使いの影響を受けていることがよくわかりますね~(^-^)

個人的にはこの頃、BOZのアルバムとTOTOの初期の頃のルカサーのフュージョン風のフレーズが好きです。

先ほど耳コピったルカサーのソロ 忘れないように(笑)
メモ(^_^;)

まだまだ、
チョーキング ビブラート 流れるようなリズム
最後の部分のピッキングのムラなど
あと100回くらい練習したら少しましになるかな~

あと、問題は音作りですね、、、
音ができたら動画にしてみます(笑)
今日のところはここまで、、、

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサードリンク

あなたのフェンダーやギブソン売ったらいくら?
今すぐ査定!!
無料でこちらから

楽器買取専門店【楽器の買取屋さん】最短30分の無料の出張見積もり

【簡単3分あなたの楽器は売ったらいくら?】
簡単に査定の無料申込みができるんです!!
楽器の買い替えなどにいくらで買い取ってもらえるか!
無料査定してみましょう!!

Count per Day

  • 413現在の記事:
  • 112今日の閲覧数:
  • 604昨日の閲覧数:
  • 3936先週の閲覧数:
  • 9004月別閲覧数:
  • 2013年12月4日カウント開始日:
ページ上部へ戻る