脱・ギター・初心者 ブルースギターのコード①

寿です。GWにはいりましね。
脱・ギター・初心者コーナー

今日は東京もいい天気です。
さてさて、今日は午後から出張で大分に入ります。
その前に、ギターの話を。

th_2014-04-02_0058

よくブルースで見慣れない押さえ方、響きコードフォームに出くわすことが
ありますね。

今日はちょっとオシャレでカッコいいブルースのコードの話を

セブンスコードが土台のブルース

ブルースは通常3つの12小節、コード、シャッフルのリズムで表されます。
そして、コードはセブンスコードが基本です。

このセブンスコードはC7 A7 E7などと表記されるものでが、
ルートから数えて7番目の音が♭している音を使ったコードです。
これはドミナントセブンスコードと呼ばれていて
ルートから数えて7番目の音がナチュラル(♭していない)なセブンスを
メジャーセブンスコードとよんで区別しています。

ドミナント7とメジャー7

まとめると
セブンスコードには2種類あってルートから数えて7番目が♭している
ドミナントセブンスコードと
ルートから数えて7番目が♭していないメジャーセブンスコードがあります。

ブルースではブルージーな雰囲気を出す為に
ドミナントセブンスコードを主に使います。
ドミナントセブンスコードは通常はA7(エイ・セブン)E7(イー・セブン)
とドミナントという言葉は省略されて使われます。

Aキーのブルースであれば

A7 D7 A7 A7
D7 D7 A7 A7
E7 D7 A7 E7
という12小節のコード進行が最も一般的です

それでは、次回はこのセブンス(ドミナント)コードをかっこ良く
聴かせるコードをどのように作るかをお教えします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Count per Day

  • 787現在の記事:
  • 393今日の閲覧数:
  • 647昨日の閲覧数:
  • 5135先週の閲覧数:
  • 10863月別閲覧数:
  • 2013年12月4日カウント開始日:
ページ上部へ戻る