かわいいアンプ!! Orianthi and the Roland CUBE-80GX

先日、オリアンティがRoland CUBE-80GX を紹介している動画があったので
あれれと思い書いています。

CUBE-80GX

Roland MICRO CUBE GX

Roland CUBEシリーズの最も小型廉価版かわいいアンプ Roland MICRO CUBE GX

確か昨年来日した時は白のEVH 5150で大迫力の演奏を日本のファンに聞かせてくれました。
そのオリアンティがRoland CUBE-80GX を紹介

メーカーとの契約は不明ですが
(調べれば分かりますが。。。。)
それよりこのRoland CUBE-80GXが優れものなんでご紹介を

まずはどんな音が出るか動画で確認ください。

Orianthi and the Roland CUBE-80GX

このRoland CUBEシリーズはRolandの傑作JCシリーズのクリーントーンを
受け継ぐシリーズで筆者も学生時代バイトでお金を貯めてCube20という白いアンプを買いました。

Cube20という小型の名アンンプ

Cube20を買ったいきさつは
当時好きだったイーグルスのギタリストのジョー・ウォルシュが
この、小型のCube20を山積みにして弾いていた写真を雑誌で見た事。

ジョー・ウォルシュもCube20を絶賛していました。
フェンダーやギブソンを買うお金がない時代に
あえて、プロと同じモノを買ったという意識がCube20を買った時にありましたね(笑)

この、Cube20つい最近まで鳴っていたのですが、ノイズが厳しくなり最近また
CUBEシリーズのRoland MICRO CUBE GXに買い替えたところで
かれこれ30年以上のRoland CUBEファンということになります。

Roland CUBシリーズの魅力

話をCUBE-80GXに戻すと
様々なエフェクトもそろっていて豪華です、そしてあえてアンプシュミレーターまでつけていますが
僕は動画でもあるようにCUBは何といってもクリーントーンが最大の魅力です。

軽くコシの無いぺんぺんギターになりがちな
クリーントーンに芯と艶のある音色を提供してくれますので満足しています。

基本的にはクリーントーン(JC)はアンプとアンプについているリバーブを薄くかけるだけで
いい音が出せますね。

また、クリーントーン(JC)は非常にエフェクターのノリがいいのが重宝しているポイントでもあります。
空間系はもちろん歪み系も素直にエフェクターの音出してくれるところが
音作り上非常に気に入っているポイントです。

ということで内蔵のアンプシュミレーターは結局は今の所使わずじまいですが
これも、試してみると非常にいい音がでますね。

iPhoneやiPadと連携して
ジャムセッションなんかも出来る機能もあり、いたれりつくせりでこの価格は絶対買いです!!

そしての魅力はその真四角で小さくてオシャレな事
持ち運びも簡単
女性ギタリストには注目のかわいいアンプだといえますね。


こちらは女性ギタリストTINAが弾くRoland MICRO CUBE GX
(筆者の持っているモノと同じモデルです)

Roland CUBEシリーズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

あなたのフェンダーやギブソン売ったらいくら?
今すぐ査定!!
無料でこちらから

楽器買取専門店【楽器の買取屋さん】最短30分の無料の出張見積もり

【簡単3分あなたの楽器は売ったらいくら?】
簡単に査定の無料申込みができるんです!!
楽器の買い替えなどにいくらで買い取ってもらえるか!
無料査定してみましょう!!

Count per Day

  • 1244現在の記事:
  • 69今日の閲覧数:
  • 577昨日の閲覧数:
  • 3843先週の閲覧数:
  • 8357月別閲覧数:
  • 2013年12月4日カウント開始日:
ページ上部へ戻る