PRS(ポール・リード・スミス)とオリアンティ(Orianthi)

PRS,オリアンティ

寿です
さてさて先日はオリアンティ(Orianthi)の日本公演の事を書いてみましたが、

今日は彼女のトレードマークともいえるPRS(ポールリードスミス)のギターとオリアンティについて書いてみようと思います。

ポール・リード・スミス(Paul Reed Smith)

ポール・リード・スミス(Paul Reed Smith、略称:PRS)は、わりと歴史は浅く1985年設立されたアメリカのギターのメーカーです。

ポール・リード・スミス(Paul Reed Smith)社の創業者でギターの開発者は、その名のごとく(Paul Reed Smith, 生まれ1956年2月18日)

エレクトリックギター界の二大モデルであるギブソン・レスポールとフェンダー・ストラトキャスターを研究し尽くして組み込み精度や調整、演奏性などの長所を組み合わせた設計がポール・リード・スミスの特長です。

サンタナ使用のギターポール・リード・スミス

そのギターのクオリティは多くのミュージシャンから高く評価されていて人気の秘密となっています。

ポール・リード・スミスは、あのカルロスサンタが使っていますね。
70年代〜80年代サンタナはヤマハのSGがトレードマークでしたが、今は完全にサンタナと言えばポール・リード・スミスですね。

オリアンティ(Orianthi)で火がついたポール・リード・スミスの人気

ポール・リード・スミスは高級指向のギターなので当然価格も高いギターなのですが、近年その廉価版としての位置づけで韓国生産のSE(Student Editionの略)シリーズが加わり更にシェアを伸ばしています。
これもPRS(ポール・リード・スミス)の人気に火をつけましたが、
更にオリアンティ(Orianthi)のシグニチャーモデルもポール・リード・スミスPRS SE Orianthi。
PRS SE Orianthiは2012年から、大きくリニューアルしさらに高い品質のものとなっています。

PRS(ポール・リード・スミス)のCUSTOM22、CUSTOM24、SEなど様々なギターを愛用するオリアンティ(Orianthi)のですが、PRS(ポールリードスミス)との出会いを調べてみると18歳にして共演を果たしたカルロス・サンタナの影響であると彼女自身が言っています。

FlankはPRS(ポール・リード・スミス)CUSTOM22

若干18歳で飛び入りでサンタナのサンタナとジャムを行なっている。
これだけでも凄いですね。

このジャムがきっかけで
ポール・リード・スミスにオリアンティを紹介したのがサンタナ
それからオリアンティの素晴らしいギターは経歴とPRSとの歴史がスタートすることとなります。

オリアンティの使用ギター
PRS(ポール・リード・スミス)CUSTOM22のグリーンはFlankと呼ばれていてステージやレコーディングで活躍しています。

2013-12-29_2036

音楽制作|ギター初心者|ギター練習方法|DTM講座|ギター講座|作曲|コード進行|

[rakuten]ishibashi-shops:10193966[/rakuten][rakuten]ishibashi-shinjuku:10023239[/rakuten][rakuten]rockinn-yamano:10025212[/rakuten][rakuten]ishibashi-shops:10237977[/rakuten][rakuten]guitarplanet:10017104[/rakuten]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

あなたのフェンダーやギブソン売ったらいくら?
今すぐ査定!!
無料でこちらから

楽器買取専門店【楽器の買取屋さん】最短30分の無料の出張見積もり

【簡単3分あなたの楽器は売ったらいくら?】
簡単に査定の無料申込みができるんです!!
楽器の買い替えなどにいくらで買い取ってもらえるか!
無料査定してみましょう!!

Count per Day

  • 3314現在の記事:
  • 415今日の閲覧数:
  • 481昨日の閲覧数:
  • 3600先週の閲覧数:
  • 7343月別閲覧数:
  • 2013年12月4日カウント開始日:
ページ上部へ戻る