PRSのベースをご存知?|Paul Reed Smith / SE Kestrel Bass

寿です。
今日は、PRS(ポール・リード・スミス)のベースのお話

筆者はベースを弾くことは無いのですが、というより
過去ベースには苦い思い出が、、、、

 

バンドをやろう!!
っと集まるとみんなギターがやりたいと言うんですね。

ジャンケンで負けてベースに

僕が楽器を始めたすぐくらいの時も
最初にバンド組もうと誘われた時も、ドラムは別として残りは
全員ギター

そこでジャンケンで2人ギターを決めてひとりベースということでした。
その運命の3回勝負のジャンケン

残念ながら負けてベース
ギターはTokaiのストラトを持ってたんですがとりあえず、超安いベースを買うことに(T_T)

そして2ヶ月余
ギターが冴えない、、、ヴォーカルが声がでない
ってな事でギターに返り咲き

ベースはまた超安価で売りましたが
それ依頼ベースを触ることもなく数十年が経過しました。

話は戻って
最近DTMでギターでオケに合わせて弾くとどうしてもベースラインが気にいらないMIDIだと変更するのも手間暇、、、

ベースが1台あってもいいんじゃないかな?
ってな事で気になるベースがコレ

Paul Reed Smith / SE Kestrel Bass


がっしりとして弾きやすそうでいい音しますね。
流石PRSです。

[rakuten]chuya-online:10114729[/rakuten]

スルー・ネック構造と剛性の高いブリッジの採用で、やや硬質のサウンド
。僕はどちらかと言うとモコモコした音よりベースはこのような音が好きですね。

フレット数は22でPRSのギターと同じで、普通のベースよりEとF2音が増えただけでも、フレージングの自由度が変わりそうです。

PRS SEシリーズなので手頃な価格で提供されているようです。

~ベース買うならPRSのカスタム22が欲しい!!(^o^)?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサードリンク

あなたのフェンダーやギブソン売ったらいくら?
今すぐ査定!!
無料でこちらから

楽器買取専門店【楽器の買取屋さん】最短30分の無料の出張見積もり

【簡単3分あなたの楽器は売ったらいくら?】
簡単に査定の無料申込みができるんです!!
楽器の買い替えなどにいくらで買い取ってもらえるか!
無料査定してみましょう!!

Count per Day

  • 2223現在の記事:
  • 226今日の閲覧数:
  • 316昨日の閲覧数:
  • 2651先週の閲覧数:
  • 9954月別閲覧数:
  • 2013年12月4日カウント開始日:
ページ上部へ戻る