Joni Mitchell(ジョニー・ミッチェル) 「Goodbye Pork Pie Hat」

寿です。

僕らのちょっと前の世代のミュージシャン(シンガー・ソングライター)でJoni Mitchell(ジョニー・ミッチェル)について。

joni_mitchell_in_1974.jpg.size.xxlarge.promo

Joni Mitchell(ジョニー・ミッチェル)については
あまり、詳しくは知らないのですが
彼女の楽曲のセンスと歌の説得力には惹かれていました。

初めて聴いたアルバムは
『ミンガス(Mingus)』

これは、1979のアルバムですが実際に聞いたのはそのずっと後でした。

アルバムのタイトルの『ミンガス(Mingus)』は
ジャズ界の巨匠チャールズ・ミンガスとの共演アルバムからついたとのことですが

実はジャコ・パストリアスやハービー・ハンコック、ウェイン・ショーター、ピーター・アースキン、ドン・アライアスなど当時の売れっ子のジャズやフュージョンのミュージシャンのクレジットから
このアルバムを探し出して聴いいたと思います。

それまでは、Joni Mitchell(ジョニー・ミッチェル)は聞いたことがなく
写真などからフォーク・シンガーだとばかり思っていましたが、
アコースティックギターによる弾き語りが中心の中にもフォークソングとは異質のセンスの良さが一度聴いただけでも印象に残る作品ばかりで

特に、ベーシストのジャコ・パストリアスとのセッションにおける
「Goodbye Pork Pie Hat」 これは素晴らしいにつきます。

この、曲はジェフベックのワイヤードでもカバーされている曲なので知っていましたがJoni Mitchell(ジョニー・ミッチェル)とジャコ・パストリアスの演奏はまた違った世界観を持っていて素晴らしい曲に仕上がっています。

ちなみに、「Goodbye Pork Pie Hat」 の「Pork Pie Hat」とは
この曲の作曲者 チャールズ・ミンガスの親交のあったサックス奏者レスター・ヤング氏のレスターのトレードマークとなった帽子のことで

レスター・ヤング氏の
死を悼んで作曲した曲らしいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサードリンク

あなたのフェンダーやギブソン売ったらいくら?
今すぐ査定!!
無料でこちらから

楽器買取専門店【楽器の買取屋さん】最短30分の無料の出張見積もり

【簡単3分あなたの楽器は売ったらいくら?】
簡単に査定の無料申込みができるんです!!
楽器の買い替えなどにいくらで買い取ってもらえるか!
無料査定してみましょう!!

Count per Day

  • 333現在の記事:
  • 295今日の閲覧数:
  • 538昨日の閲覧数:
  • 4226先週の閲覧数:
  • 10328月別閲覧数:
  • 2013年12月4日カウント開始日:
ページ上部へ戻る