Jeff Beck のSituationに挑戦

昨日のサンタナに続き
Jeff Beck のSituation のintroです。

Beck のお得意 8分の7拍子の難曲 (^_^;)
Charのサイトにギターなしのカラオケがありました。
最後の方に入っているヴォーカルはCharさんです(笑)
チョップ奏法の時はギターのボリュームを下げないと音が割れますね、、、、タイミングが命ですね(^_^;)

2014-10-12_2311

難曲ですね~
ミュートのイントロで8分の7拍子~チョップを使ったところのタイミングが4分の4拍子なのでタイミングをとるのが難しい曲です。
また、弾きながらヴォリュームコントロールもしないと急激な音程差で音が割れますね、、、

どうしてもボリュームを下げるタイミングが難しいですね~
また、チョップ奏法のタイミングが難しい。

右手のリハビリをしてまた取り直してみます(^_^;)

こちらが1972年原曲 今、聞いてもカッコいい曲です。
イントロのチョップ奏法の音質の変化は多重録音されているようです。ライブでは大変ですね~
ちなみにドラムは故コージー・パウエル

ちなみにCharさんのカバーがこちら
やっぱり0:25からのタイミングが難しい、、、(^_^;)
ベックは凄い、、、
でも、ここを全部ダウンで弾かれているのは流石です。
僕はオルタネイトでしかできません、、、(^_^;)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサードリンク

あなたのフェンダーやギブソン売ったらいくら?
今すぐ査定!!
無料でこちらから

楽器買取専門店【楽器の買取屋さん】最短30分の無料の出張見積もり

【簡単3分あなたの楽器は売ったらいくら?】
簡単に査定の無料申込みができるんです!!
楽器の買い替えなどにいくらで買い取ってもらえるか!
無料査定してみましょう!!

Count per Day

  • 1040現在の記事:
  • 525今日の閲覧数:
  • 492昨日の閲覧数:
  • 4283先週の閲覧数:
  • 11474月別閲覧数:
  • 2013年12月4日カウント開始日:
ページ上部へ戻る