DTM制作 SONARのVSTプラグインの紹介①

長崎管理人シュンです。

筆者はSONAR X1 PRODUCER を愛用しております。

お気に入りやよく使っているプラグインをいくつかご紹介してみましょう。

グレードにより搭載されていないプラグインもありますけどご了承ください。

(VC-64 Vintage Channel) ※PRODUCERのみに搭載

いわゆる「チャンネルストリップ」を再現したエフェクターです。

foto120

ビンテージの大型コンソールのチャンネル1つ分に相当。一度にディエッサーやゲート、コンプ、EQを使った音作りが可能となってます。使い方がなかなか難しいのですが、パラメーターのプリセットも豊富に用意されてますので、まずはプリセットをいじってみるのが良いかと思います。ちなみにディエッサーとは、ボーカルのサ行などのの不快な風切音みたいな「s」を除去すエフェクターのことです。

アナログ的な質感は、楽曲のマスタリング時にに使うと打ち込みで作った曲でもただのデジタルとは一味違う質感が得られます。

質感とも素晴らしいプラグインですなんですが、使いこなすにはかなりの腕が必要だなと感じます。筆者も完璧に使いこなせていません。若干、使いこなしに敷居が高いプラグインですが、ここは考えようで、このエフェクターの機能をフルに100%活用しようと意気込むのではなく、シンプルな使い方(コンプにみEQのみディエッサーのみ)から始めても良いと思います。素晴らしいプラグインをシンプルに贅沢に使う。これもDTMの醍醐味かも知れませんしね。

(VX-64 Vo化lStrip) ※PRPDUCERのみに搭載

ボーカルに特化した「ボーカルストリップ」です。

foto130

 

こちらはディエッサー、コンプ、EQ、ディレイ、ダブラーの5つのエフェクター群から構成されてまして、これ1台でボーカルトラックのサウンドメイキングが行えます。パラメータはプリセットが豊富にありますので、プリセットを試しながら設定をしていった方が良いですね。ボーカルトラックはリバーブをかけるみたいな固定概念がありませんか?リバーブよりもディレイを掛け過ぎずに注意して使った方が、ボーカルが前に出てきますし、筆者おスススメのストリップです。ボーカルトラックに是非使って頂きたいエフェクターです。

(Boost11) ※PRODUCER/STUDIO/ESSENTIAL 搭載

foto140

最終マスタリングを行いステレオ2ミックスのL,RのWAVファイルに変換しCDに焼いたりしますが、市販のCDと比べて「なんで音圧がないのだろう?」そう思ったことはありませんか!?このBoost11というエフェクターは、音質に影響を与えず、音が割れるピークのギリギリまで音圧をあげてくれるいわるピークリミッターです。

見た目の通り、OUTPUTとそれに掛けうるBOOSTの二つのツマミのみ。トラックを再生しますと音の波形がリアルタイムに表示されますから、BOOSTツマミで最適値を設定します。その際、OUTPUTは0dBの設定にツマミを設定するのがミソです。そしてコノエフェクターはミックスやマスタリング時の最後の2ミックスに使用すれば効果絶大でして、市販のCDのような音圧のある迫力のある2ミックスに仕上げることができます。このエフェクター使用は筆者推奨します。

ということで、本日はここまで。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

あなたのフェンダーやギブソン売ったらいくら?
今すぐ査定!!
無料でこちらから

楽器買取専門店【楽器の買取屋さん】最短30分の無料の出張見積もり

【簡単3分あなたの楽器は売ったらいくら?】
簡単に査定の無料申込みができるんです!!
楽器の買い替えなどにいくらで買い取ってもらえるか!
無料査定してみましょう!!

Count per Day

  • 1719現在の記事:
  • 79今日の閲覧数:
  • 316昨日の閲覧数:
  • 2504先週の閲覧数:
  • 9807月別閲覧数:
  • 2013年12月4日カウント開始日:
ページ上部へ戻る