DAWをサクサク動かすウィンドウズパソコンのスペックとは!?

最近のDAWはプラグインソフトの充実にともない高スペックのPCが要求される傾向があります。そこで、最近のDAWを快適に動かすには一体どの程度のマシンスペックが必要なのでしょうか?ちょっと考察してみました。

32bit、64bitどちらにするべきか?

foro13

最近のDAWのプラグインは、ホントにリアルなサウンドに進化してきています。実際の楽器の音をサンプリングしてたりしますので、相当なファイル容量のライブラリを持っていたりします。それに比例してマシンスペックもそれなりのものが要求されるようになってきました。

さて、ウィンドウズマシンでは、32ビットと64ビットの二つのプロセッサを選べるようになってます。

何がちがうのでしょうか!?

専門的なことを書くと混乱しますので、こう憶えておいてください。

32ビットのウィンドウズマシンではメモリが最高で4Gまでしか使えません!そうです。4G以上にメモリを積んでも使われるのは最高で4Gまで。正確にはもう少し少ないですけどね。

一方、64ビットのウィンドウズマシンでは理論上ですが、172億GBまで使えるそうです。(笑)

冗談はさておき、64ビットPCでしたら、ウィンドウズのバージョンの違いで制限がかけてありますが、Windows7の場合ですが概ね4GBから最大、192GBまで使えるようなスペックになっています。

下記を参考にしてください。

・Windows7 Home Premium で最大16GB
・Windows7 Professional で最大192GB

・Windows8/8.1 Pro で最大128GB
・Windows8/8.1 Enterprise で最大512GB

上記のことを鑑みた場合、Windows7 Home Premium 以上でメモリは出来れば8GB~16GBでベストかと思います。16GB以上でもかまいませんが、過剰搭載のような気がしないでもないですね。(筆者の個人的見解です。)

いずれにしても64bit版のマシンでしたら、メモリを後から追加できますしね。そこはフレキシブルに対応可能かと思います。結論としては、これからWindowsマシンでDAWをやるのでしたら、64bitマシンが推奨ですかね。^^

ではCPUはどれにすれば良いか!?

foro13

筆者の見解ですが、CPUはCorei5、Corei7あたりがベストかと・・・
前述しました最近の高機能なソフト音源をサクサクとストレスフリーで使いこますにはこれくらいのスペックにしておいた方が良いです。

以上、お役に立てたならば幸いです。ストレスフリーで充実したDTMライフを!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

あなたのフェンダーやギブソン売ったらいくら?
今すぐ査定!!
無料でこちらから

楽器買取専門店【楽器の買取屋さん】最短30分の無料の出張見積もり

【簡単3分あなたの楽器は売ったらいくら?】
簡単に査定の無料申込みができるんです!!
楽器の買い替えなどにいくらで買い取ってもらえるか!
無料査定してみましょう!!

Count per Day

  • 293現在の記事:
  • 112今日の閲覧数:
  • 604昨日の閲覧数:
  • 3936先週の閲覧数:
  • 9004月別閲覧数:
  • 2013年12月4日カウント開始日:
ページ上部へ戻る