60年代に若者のポップカルチャーとして指示・確立したロックが、さまざまな音楽性を含有し多様化そして拡大発展した1970年代。
今回そんな時代に一石を投じた印象深いロックアルバムをピックアップしてみました。今回は第9弾です。次回で第10弾ですので、キリもよいし、一旦締めようかと思います。

白い暴動:ザ・クラュシュ

2014-07-29 08.48.15

レゲエの影響を強く受け荒削りだが荒らしいロック・サウンドがウリのパンクバンド。それがクラッシュでした。社会問題や人種問題などに大胆に切り込んだ楽曲を展開し、社会体制へのアンチテーゼとしてのパンクロックを不動のものにした功績は大きい。

ホーセス:パティ・スミス

2014-07-29 08.48.15

パティ・スミスのデビューアルバム。ニューヨークアート・ロックの系譜で異彩を放ったパティ・スミス。本アルバムは後世のミュージシャンに与えた影響も大きくその評価は現在もなお高いものがある。

イマジン:ジョン・レノン

2014-07-29 08.48.15

ビートルズ解散後、オノヨーコの影響もあり、平和や愛といったことへのメッセージとより内相的になった歌詞やサウンド。この時期のジョン・レノンを捉えたまさに70年代を代表する名盤の1枚。ジェラス・ガイに代表される甘く繊細なバラードにもジョン・レノンの内相的でありながら、さりげなくメッセージが散りばめられている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

あなたのフェンダーやギブソン売ったらいくら?
今すぐ査定!!
無料でこちらから

楽器買取専門店【楽器の買取屋さん】最短30分の無料の出張見積もり

【簡単3分あなたの楽器は売ったらいくら?】
簡単に査定の無料申込みができるんです!!
楽器の買い替えなどにいくらで買い取ってもらえるか!
無料査定してみましょう!!

Count per Day

  • 218現在の記事:
  • 1945今日の閲覧数:
  • 2649昨日の閲覧数:
  • 6908先週の閲覧数:
  • 10526月別閲覧数:
  • 2013年12月4日カウント開始日:
ページ上部へ戻る