長崎管理人のシュンです。

ローリング・ストーンズが8年ぶりの来日ツアー!!黄金期のメンバーでギタリストのミック・テイラーがゲストで登場!チケット前売りはすべてSOLD OUT!あいかわらずその人気は留まることを知りませんね。素晴らしい。

革新的なロックは60年代に生まれた。

ビートルズもそうですが、ローリング・ストーンズもバンド誕生は60年代です。

72年~73年はとくにストーンズの絶頂期であったと言えるでしょう。72年の北米ツアーは一瞬にしてソールドアウト!73年もその勢いは止まらずヨーロッパツアーも大好評であった。また話題がハデ。自家用ジェット機でツアーをするのですから・・・^^

筆者がストーンズの名盤の一枚におす「山羊の頭のスープ」が73年リリース。「イッツ・オンリー・ロックンロール」が74年リリース。この2枚はストーンズのアルバムの中ではオススメの一枚です☆

ストーンズのスキャンダルもまたロックの王様

77年、公演先のトロントで、薬物の所持・売買の容疑でキースが逮捕!バンド解散の危機に直面しましたが、最終的にはチャリティー公演などを条件にキースは自由の身となりました。

ロックが産業化するにつれて、ストーンズ内部で摩擦が生じます。

ミックテイラーが74年末に脱退。後任には、ロン・ウッドが起用されました。ロン・ウッドの加入で更にバンドとして成長。76年リリースの「ブラック・アンド・ブルー」ではレゲエからファンクを取り入れ、78年には「女たち」をリリース。なんとディスコミュージックとの接近。一貫してロックの王道を歩んでいるストーンズ。

そのストーンズをしっかり操縦していたのは、ミック・ジャガー!

foto300

↑70年代前半頃のミックジャガー

盟友であったキースが逮捕された時も後年、ビル・ワイマンが脱退した時も、ミック・ジャガーの最優先事項は「ローリング・ストーンズ」の存続であったという。

ミック・ジャガーの推進力によって、バンドは2000年に入ってからも継続!年代ごとにあらわれた新興勢力(80年代のニューウェーブなど)をものともせず、現代まで活動している凄さ!!

一体、この巨大な王様は何を僕らに魅せてくれるのだろうか・・・

楽しみはつきない。

(山羊の頭のスープ)から悲しみのアンジー 名曲ですね。やはり。^^

[rakuten]guruguru-ds2nd:10544458[/rakuten]

[rakuten]buddyz:10000919[/rakuten]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

あなたのフェンダーやギブソン売ったらいくら?
今すぐ査定!!
無料でこちらから

楽器買取専門店【楽器の買取屋さん】最短30分の無料の出張見積もり

【簡単3分あなたの楽器は売ったらいくら?】
簡単に査定の無料申込みができるんです!!
楽器の買い替えなどにいくらで買い取ってもらえるか!
無料査定してみましょう!!

Count per Day

  • 1297現在の記事:
  • 295今日の閲覧数:
  • 538昨日の閲覧数:
  • 4226先週の閲覧数:
  • 10328月別閲覧数:
  • 2013年12月4日カウント開始日:
ページ上部へ戻る