パティボイドとジョージ・ハリスン&エリック・クラプトン(3)

ジョージ・ハリスンらの支援で
バングラデシュ難民救済コンサートとレインボーコンサートを経て少しずつではあるが復調の兆しをみせてきたクラプトン。

そして、この復活の裏には大きなドラマがあった。

パティボイドとジョージ・ハリスン&エリック・クラプトン

実は74年1月に実はジョージはパティと別居している。
そして、その年の2月に、クラプトンがパティへの思いをジョージに告白。

4月にクラプトンは音楽活動を再開
5月にパティと同居との運びとなった。

その時のジョージの心境はどうだったのか?
その心境は1974年11月20日に発表されたジョージ・ハリスンのオリジナル・アルバムに『ダーク・ホース』(Dark Horse)の中に歌われていると言われている。

アルバムのなかの
バイ・バイ・ラヴ – Bye Bye Loveはエヴァリー・ブラザーズのカヴァー曲
パティと別れた悲しみを反映して取り上げたと言われている。


George Harrison – Bye Bye Love
もちろん、このアルバムに『ダーク・ホース』の中にクラプトンの名前は無い。

そして、ジョージはその後体調を崩し音楽活動も停止してしまうこととなる。
そして、このころからジョージ・ハリスン&エリック・クラプトンの2人の仲は疎遠になってゆくのは当然の事だろう。

しかし音楽の網様は再びこの2人を結びつけることとなる。

3年後の、77年には正式にジョージ・ハリスンとパティの離婚が成立、ジョージもその後、結婚する新しい恋人、オリビアとの交際が始まっている。

そして、79年のクラプトンとパティの結婚式にはジョージも出席し2人を祝福している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Count per Day

  • 1436現在の記事:
  • 953今日の閲覧数:
  • 656昨日の閲覧数:
  • 5136先週の閲覧数:
  • 13762月別閲覧数:
  • 2013年12月4日カウント開始日:
ページ上部へ戻る