エリック・クラプトン  フロム ザ クレイドル原点回帰ブルース名盤

エリッククラプトンを語る上で避けて通れないのがブルース

th_2014-03-20_0738

まさに、現代音楽とブルースの橋渡しをしたという感じのクラプトンですが、80年代〜90年代のポップス路線からまさに原点回帰ともいえるアルバムがこれ

[rakuten]guruguru-ds:11358568[/rakuten]

クラプトンがレコードを聴いて師と仰いだ先人のブルースマンのカバー曲が収めてあります。

クラプトンはのちにも、ブルースの巨匠BBキングとの共演や伝説のブルースギタリスト、ロバートジョンソンのトリビュートアルバムを発表していますが
このフロム ザ クレイドルがブルースカバーアルバムの最初ではなかったかと思います。

クラプトンがそうであったように
ロックギターのルーツであるブルースにはぜひ触れて頂きたいですね。

そういう意味でも
ブルースギターを知る上でもいいアルバムだと思います。
[rakuten]guruguru-ds:11358568[/rakuten]

ブルース・ビフォア・サンライズ – Blues Before Sunrise

オリジナルはリロイ・カーで、1934年リリース。

サード・ディグリー – Third Degree

オリジナルはエディ・ボイドで、1953年リリース 。

リコンシダー・ベイビー – Reconsider Baby

オリジナルはローウェル・フルソンで、1954年リリース。

フーチー・クーチー・マン – Hoochie Coochie Man

オリジナルはマディ・ウォーターズ で、1954年リリース。

ファイヴ・ロング・イヤーズ – Five Long Years

オリジナルはエディ・ボイドで、1952年リリース。

アイム・トア・ダウン – I’m Tore Down

オリジナルはフレディ・キングで、1961年リリース。

ハウ・ロング・ブルース – How Long, How Long Blues

オリジナルはリロイ・カーで、1928年リリース。

ゴーイン・アウェイ・ベイビー – Goin’ Away Baby

オリジナルはジミー・ロジャースで、1950年リリース。

ブルース・リーヴ・ミー・アローン – Blues Leave Me Alone

オリジナルはジミー・ロジャースで、1954年リリース。

シナーズ・プレア – Sinner’s Prayer

オリジナルはローウェル・フルソンで、1950年リリース。

マザーレス・チャイルド – Motherless Child

オリジナルはバーベキュー・ボブで、1927年リリース。

イット・ハーツ・ミー・トゥー – It Hurts Me Too

オリジナルはエルモア・ジェイムスで、1957年リリース。

サムデイ・アフター・ア・ホワイル – Someday After a While

オリジナルはフレディ・キングで、1962年リリース。

スタンディン・ラウンド・クライング – Standin’ Round Crying

オリジナルはマディ・ウォーターズで、1952年リリース。

ドリフティン – Driftin’

オリジナルはジョニー・ムーアズ・スリー・ブレイザーズ(歌とピアノ:チャールズ・ブラウン)で、1945年リリース。

グローニング・ザ・ブルース – Groaning The Blues

オリジナルはオーティス・ラッシュで、1956年リリース。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

あなたのフェンダーやギブソン売ったらいくら?
今すぐ査定!!
無料でこちらから

楽器買取専門店【楽器の買取屋さん】最短30分の無料の出張見積もり

【簡単3分あなたの楽器は売ったらいくら?】
簡単に査定の無料申込みができるんです!!
楽器の買い替えなどにいくらで買い取ってもらえるか!
無料査定してみましょう!!

Count per Day

  • 788現在の記事:
  • 66今日の閲覧数:
  • 608昨日の閲覧数:
  • 3744先週の閲覧数:
  • 2494月別閲覧数:
  • 2013年12月4日カウント開始日:
ページ上部へ戻る