無料で使えるVSTプラグイン紹介!!(ピッチ補正)

DTM愛好者の方にとって優れたプラグインは関心事の一つでしょう。多くのDTM制作者はDAWにハンドルされているエフェクターや音源をお使いのことだと思います。

最近はDAWも随分と搭載されているエフェクト群も充実してきていますね。しかしながら、いろいろなエフェクトやソフト音源も使いたいがお金がかかる問題でもありますし、安くなったとはいえ、数万円の投資を考えれば、なかなか導入にも踏み切れないというところだと思います。

そこで、無料で使えるフリーエフェクトプラグインを何回かに分けてご紹介してみたいと思います。

ピッチ補正

この手のソフトの代表格は、メロダイン(Melodyne)ではないでしょうか。

オーディオ・データを解析してピアノロール風の表示することで、オーディオ・データをMIDIデータのようにピッチ&タイミングを補正することができるプラグインで、マウス操作で直感的に編集作業が行えます。その編集機能は、ボーカル・トラックのピッチ補正で、愛用しているプロも多いと聞きます。

KeroVee

知る人ぞ知る、超有名なピッチ補正プラグインです。

名前の通り、ケロケロボイスを作ったり、フォルマウント変更も可能なので男声から女声の変更も可能だったりします。ボーカルトラックの補正やボーカロイドで作ったトラックをオーディオデータに変更後、このソフトで更にピッチ補正を行ったりさまざまな効果を付加したり・・・DTMはホントにアイディア次第だなぁ、、と思いますね。

ダウンロード先:
http://www.g200kg.com/jp/software/kerovee.html

ルックスはこんな感じです↓↓

2011-09-21-16.03

このダウンロードサイトにケロボイスでの使い方ヒントの動画がありますので、参考になるかと思います。ピッチのフォルマントをいじり、ピッチ補正をしてあげれば、ボーカロイド風にエディットも可能ですので、アイディア次第でボーカルトラックのスパイスとしての使用なんてのも面白いでしょう。

RoVee

2011-09-21-16.03

KeroVeeの機能限定版ですね。ボイスチェンジを主目的にしたボーカル用プラグインとお考えください。

ケロケロボイスは作れないですが、男声風から⇔女声風、はたまたロボットボイス風と言ったボイスチェンジが可能となっています。声質だけ変えたい場合はシンプルなこちらがおすすめでしょう。こちらのサイトにも使い方の動画があるので、参考になさってください。

ダウンロード先:
http://www.g200kg.com/jp/software/rovee.html

DTMならではのエフェクター

今回ご紹介し、今後もご紹介する無料プラグインですが、VST準拠のものをご紹介いたしますので、大体のDTM愛好者の方には使用できるかと思います。ただし、こまかいインストール(VSTフォルダへのDLLファイルのコピーなど)に関してはここでは割愛しますので、ご了承ください。笑 ここまで解説すると大変ですのでご勘弁ください。^^

さて、このピッチ補正のエフェクターは、DTMならではのプラグインエフェクターであると言えますね。アイディア次第でコーラストラックで3度上でハモらせたり、思いっきりエフェクトかけてロボット風や女性風のフォルマントにして、ハモったり、デュエットしたり、、、かなりクリエイター魂をくすぐるエフェクターです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサードリンク

あなたのフェンダーやギブソン売ったらいくら?
今すぐ査定!!
無料でこちらから

楽器買取専門店【楽器の買取屋さん】最短30分の無料の出張見積もり

【簡単3分あなたの楽器は売ったらいくら?】
簡単に査定の無料申込みができるんです!!
楽器の買い替えなどにいくらで買い取ってもらえるか!
無料査定してみましょう!!

Count per Day

  • 2908現在の記事:
  • 1916今日の閲覧数:
  • 2649昨日の閲覧数:
  • 6879先週の閲覧数:
  • 10497月別閲覧数:
  • 2013年12月4日カウント開始日:
ページ上部へ戻る