演奏家のための「こころのレッスン」―あなたの音楽力を100%引き出す方法

寿です。最近仕事が急に忙しくなり
ギターの練習のみならずブログも途絶えがちで申し訳ありません。

そんな中で読み始めた本がこちら
演奏家のための「こころのレッスン」

10868283_694750030639123_7898123119575985057_n

サブタイトルが
「あなたの音楽力を100%引き出す方法」

この本はテニスコーチのW.ティモシー・ガルウェイ(W. Timothy Gallwey)が、インナーテニスといったスポーツのテニスの競技に勝つためのメソッドレッスンを通して考案し、1974年に著作したものが原型でそれを
シンシナティ交響楽団の首席コントラバス奏者を務めるグリーン,バリーという音楽家が置き換えたもの

たしかにレッスンや練習をつんで上達してゆくのはスポーツと音楽は酷似したところがありますし聴衆の前でパフォーマンスを最大に発揮する事が命題ともなっています。

本の中のメッセージは
心の中のインナーゲームに勝つことが、アウターゲーム(実際の勝負)に勝つための近道であると説いているところで

翻訳者が「辻秀一」氏というのもこの本を魅力的なものにしています。

「辻秀一」氏はスポーツドクターとして、スポーツの社会的価値の創造に取り組み、
・クオリティライフスタイル・マネジメント
・コンディション・サポート という新しいスポーツ医学の研究から
「音楽界にスポーツ心理学を導入し、パフォーマンス向上やコンクール勝利をサポートするシステムとしてeラーニング『辻メソッド』を2005年4月より開講し雑誌ショパンにて、『辻メソッド』連載中。

また企業や教育機関を対象に、数多くのコーチング、モチベーションなど独自のセミナーや講演会を行っている。全日本車椅子バスケットのチームドクターとしてアテネ・パラリンピックにも参加

特に「辻秀一」氏の名前を有名にしたのが著書の「スラムダンク勝利学」という本でこの本は漫画家の井上雄彦氏の「バスケットボール」の漫画「スラムダンク」を題材とした本でアメリカの応用スポーツ心理学会に衝撃を与えた本です。

スポーツ心理学をスポーツ選手だけでなく、音楽界やビジネスパーソンにも応用できる本ですね。

読み始めてまだ3分の1くらいですが目からウロコ状態が続いています。

読み終えたらまた感想を書いてみます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサードリンク

あなたのフェンダーやギブソン売ったらいくら?
今すぐ査定!!
無料でこちらから

楽器買取専門店【楽器の買取屋さん】最短30分の無料の出張見積もり

【簡単3分あなたの楽器は売ったらいくら?】
簡単に査定の無料申込みができるんです!!
楽器の買い替えなどにいくらで買い取ってもらえるか!
無料査定してみましょう!!

Count per Day

  • 298現在の記事:
  • 187今日の閲覧数:
  • 456昨日の閲覧数:
  • 2911先週の閲覧数:
  • 5339月別閲覧数:
  • 2013年12月4日カウント開始日:
ページ上部へ戻る