指板図作成アプリのおすすめは?

昨日、ギターのスケールを指板に落とした図をエクセルで書いていたんですがこれが、なかなか大変で
まず、ポジションの丸をすべてコピペ

こんな感じ
F#ドリアン

グリッドが合わないので微妙に位置合わせのストレス

などなど、完成するのにかなり時間がかかります。

今までエクセルで書いてましたが、も少し使えるモノがあれば?
と思い探してみました。
コードを書くのは指板くんなど、あるんですが、、(^^)
なかなか、指板ボード(フレットボード)を書くソフトは見当たりませんでした。

このような、指板ボード(フレットボード)を書くソフトを
探していたかけですが

ギターを弾いていて
自分で気付いたり、なるほど思った知識を残してストックして利用したり、共有したり、人に伝えるためには何らかの形にせざるをえませんね。

楽譜やTAB譜より視覚的に覚える事ができる図形が馴染めると思ってます。^_^

ちなみに、上の図はマイナーペンタとドリアンスケールの違いを覚えるための図です。
ピンクがルートで青がドリアンスケールとして付加された
9thと13thの音です。

昔は耳コピしたフレーズを手書きでこんな風に書いてストックしてましたが、簡単に書けるものがあればブログでストックできるのでいいなと思っています。

ギターは視覚的に覚える事のできる楽器だと思います。
コードもスケールのポジションも最初は形で覚えて平行移動すれば、各キーで使えますね。

アドリブや作曲では
どのようなコードや進行で何が使えるかは体系的に学ぶと効率はいいですが、指板ボード(フレットボード)はコードダイアグラムと同様で形だけでも既存の曲を弾くだけなら十分ですね。

このようなソフトがありました。
お試し版は無料でしたのでダウンロードしてみました。

[browser-shot width=”600″ url=”http://www.neckdiagrams.com/jp/features”]

使えそうな感じですが
今日はもう遅いので続きはまた後日!!

こんな感じで書けます。
2014-09-18_0150

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサードリンク

あなたのフェンダーやギブソン売ったらいくら?
今すぐ査定!!
無料でこちらから

楽器買取専門店【楽器の買取屋さん】最短30分の無料の出張見積もり

【簡単3分あなたの楽器は売ったらいくら?】
簡単に査定の無料申込みができるんです!!
楽器の買い替えなどにいくらで買い取ってもらえるか!
無料査定してみましょう!!

Count per Day

  • 1866現在の記事:
  • 67今日の閲覧数:
  • 577昨日の閲覧数:
  • 3841先週の閲覧数:
  • 8355月別閲覧数:
  • 2013年12月4日カウント開始日:
ページ上部へ戻る