僕にとって、フリートウット・マックはいわば大人のバンドだった。

foto0230

長崎管理人のShun(シュン)です。

60年代後半にデビューし、70年前半に商業的にも大成功したバンド、フリートウッド・マックの「ドリームス」という曲を紹介しましょう。浮遊感漂う余裕のヴォーカルと演奏。バンドとしての自信を感じますね。まずは聴いてみましょうか!↓

ブルースを主体とした初期はギターにピーターグリーン!そのサウンドはピーターグリーンによるギブソン・レスポールのプレイを前面に出し、当時イギリスで勃興していたブルースロックの後押しを受け人気を博す。トリプルギター編成にしたりその奇抜なアイディアは当時、卓越したものだったし、ピーターグリーンをリスペクトするギタリスト、アーティストが多いのもナルホド、うなづける。

↑の動画はピーターグリーンが脱退し、いわゆる第二期、フリートウット・マック時代のもので、もっとも売れていた頃のものです。スティーヴィー・ニックス(ボーカル)とリンジー・バッキンガム(ギター)を新たに迎え入れ、この動画の曲、ドリームが収録された邦題「噂」は日本でも売れたし、ビルボードでも上位にランクインされ、日本ではイーグスと並びビックバンドの二大巨頭であったと記憶する。

foto0230

僕にとって、フリートウット・マックはいわば大人のバンドという印象だった。独自のうねるようなネバっとした独自のリズム。スティーヴィー・ニックスの個性的でちょっとミステリアスな容姿。。いいなぁ、、、と思ったものでした。(遠い目)

ウィルソン・フィリップスがカバーしているOWN WAYがとっても良かったのでこちらもご紹介↓

やっぱりイイ曲は時を経てもこうしてカバーされ歌いつがれていくのですね。

スティーヴィー・ニックスさん。当時(高校1年生の頃かな。。?)の僕には怪しい素敵なオネエさんでした。、、

foto0240

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

Count per Day

  • 216現在の記事:
  • 628今日の閲覧数:
  • 611昨日の閲覧数:
  • 4880先週の閲覧数:
  • 12152月別閲覧数:
  • 2013年12月4日カウント開始日:
ページ上部へ戻る