今からのミュージシャンに必要なリテラシーとは?

youtubeやMP3のバラでのダウンロード販売にとって
アルバムとしてのCDが売れない時代
プロモーショの費用が厳しい時代、音楽業界は冬の時代に入ったと言われていますが

ウラをかえせば低コストで高品質の音楽が制作できる時代

その中で重要になってくるのが
ミュージシャン・セルフプロモーションと言われています。

551708_10151204096759046_608792500_n

そして、「音楽を制作する」「演奏する」技術の他に必要になってくるのが
ITリテラシーでしょうか?

ちょっと考えてみたのが以下の3つのITリテラシーです。

  1. ・音楽作成におけるIT(DAW)の活用技術
  2. ・セルフプロモーションのための動画制作と配信技術
  3. ・プロモーション情報発信の場としてのCMSの構築技術

DAW(音楽制作ソフトウェア)の活用技術は現在、避けて通れないものとなってきている感がありますが、専門的な高度なものでなくても
基本的な事がわかればある程度の作曲や編曲はできると思います。

セルフプロモーションのための動画制作と配信技術に関しても
デジタルビデオカメラやスマホがあれば簡単に動画が制作できる環境にあります。

そして、問題はプロモーション情報発信の場

これは、今まで音楽会社がプロモーション費用をかけてやっていたところです。
なかなか敷居が高い部分ではありますが

ブログやHPを作成するのにWordpressやMTなどの無料かつ高度なCMS(コンテンツ・マネージメント・システム)に挑戦することも必要かもしれません。

このToy MusicブログもWordpressを使って構築しているので
無料ブログやHTMLでタグ打ちしたHPなどに比べて
テンプレートを利用してデザイン性の自由度も高く記事の更新も容易です。

また、SNSの連携やSEO、(Search Engine Optimization)の手法のマスターによっては
検索エンジンでの上位化も実現可能です。

しかし、
これを全部自分ひとりでやってゆくことは大変な事ですね。
数名の音楽仲間と
 DAWの環境を共有したり
 プロモーションのビデオを作成したり
 情報発信の場を構築することは今後の大きな流れになってくる可能性はあります。

この、ブログも今後の流れをチャッチアップすべく制作している部分もあります。

更に音楽制作を分業的に展開するのであれば
DAWのコラボレーション機能が充実してゆく必要もありそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

あなたのフェンダーやギブソン売ったらいくら?
今すぐ査定!!
無料でこちらから

楽器買取専門店【楽器の買取屋さん】最短30分の無料の出張見積もり

【簡単3分あなたの楽器は売ったらいくら?】
簡単に査定の無料申込みができるんです!!
楽器の買い替えなどにいくらで買い取ってもらえるか!
無料査定してみましょう!!

Count per Day

  • 178現在の記事:
  • 69今日の閲覧数:
  • 577昨日の閲覧数:
  • 3843先週の閲覧数:
  • 8357月別閲覧数:
  • 2013年12月4日カウント開始日:
ページ上部へ戻る