ボストンのギターサウンドシュミレーション

長崎管理人のシュンです。

DTM制作の立ち位置で有名ギタリスト(70~80年代)のギターサウンドをシュミレーションしDTMに活かす為のヒントシリーズ。宅録でギターをライン録りされる方、DTMでギターサウンドを得るための参考にされてみてください。以下の解説はあくまで(シュン流)ですのでそこのところヨロシクです。

◆ ギターオーケストレーションのサウンド考察 ◆

foto0030

・今回取り上げた曲(ドント・ルック・バック)

この曲はボストンのセカンドアルバム、「新惑星着陸」に収録されているポップ&ハードなサウンドの曲でボストンの突き抜けた時空を駆け巡るようなギターオーケストレーションサウンドが心地よい1曲に仕上がっています。

↓ではまずボストンのドント・ルック・バックを聴いてみましょうか。

(1)使用ギター

ハンバッカーピックアップ搭載のギター限定。ピックアップ位置はフロントまたはセンター

(2)ギターサウンド

サスティンを効かせ、中音域を強調したディストーションサウンド。このサウンドはアルバム全体、いやボストンのギターサウンドの特徴であると云えますね。ボストンのギタリスト、トム・シュルツのいわば18番のギターサウンドです。そして、この曲でも2本のギターでメロディーにハーモニーがつけられています。これもボストンのギターサウンドの特徴であり、ボストンのギターサウンドの肝でもあります。二人でプレイしたいところですが、ここはオクタヴァーを使い一人で演奏することを考えてみましょう。

(3)エフェクター

・オクターヴァー
オクターヴァーというエフェクターは読んで字のごとく(笑)弾いた音のオクターブ下の音をシュミレートした音を出してくれるエフェクターでして、かつ独自の厚みのある音となります。蛇足ですがオクターヴァーに似たエフェクターでピッチシフターというのもあります。これはオクターブ上やあるいはオクターブ下など任意のハーモニーを創るエフェクターのことです。

・ディストーション
これはもう説明不要ですね。(笑) ロックギターサウンドにディストーションサウンドはかかせないものです。

・パラメトリックイコラーザー
音質補正を行うエフェクターです。ボストンサウンドは中音域を強調したサウンドですから、中域帯のバンドを持ち上げた設定にしましょう。設定に関しては個人の好みで良いかと思います。あくまでシュミレートですから、自分でこの音が気持ちいい!という設定が個性のある音という観点から考えれば最良ではないかと思います。

・ディレイ
これもボストンギターサウンド(ギターオーケストレーション)には欠かせないエフェクターでしょう。ロングエコーをこのディレイで得ます。ディレイタイムは問答無用にフル(10)に設定です。

(4)エフェクターの接続順序

オクターヴァー → ディストーション → パラメトリックイコライザー → ディレイ

オクターヴァーを最初に持ってくるのは、ギターを弾いた音のクリアな原音を必要とするからです。そしてオクターヴァーを使う場合はギターを弾く時にしっかりとミユートしてよけいな音を出さないように注意してください。。これオクターヴァーを使うときのいわば(コツ)でしてしっかりミュートされてないと、ゴチャゴチャなダンゴ状態の出音になりますので、ここはしっかりミュートですね。

ボストン・トムシュツルの(シュン流の)サウンド解説

foto0040

トム・シュルツのギタープレイは、曲全体を考えたフレーズをつくるギタリストという印象があります。念入りに作曲されたメロディやロングリフといったフレーズが得意であるという印象ですね。

フレーズの組み立ての中で目につくのが、半音チョーキングによると思われるアップとダウンのタイミング。ハンマリングオンとプリングオフを遅めに(ためをもたせるみたいな感じ)プレイすることによる装飾音符的な使い方。これを意外とシンプルなフレーズにかませることで、センスあるフレーズとして聞かせてます。僕もよく多用するのですが、ハンマリングオンとプリングオフを遅めにプレイし、そのままスライドで次のフレーズに行くとか・・・ なんでもないフレーズがグッとカッコよくなりますので、試してみて下さい。

とにもかくにもボストンのギターサウンドはセンスあるリフとフレーズが命ですから、その点を注目して聴いてみてください。

それからサウンド的にはオクターヴァーとディレイをうまく使う。この点に尽きると思います。DTMでしたら、オクターヴァーを使わずハモリパートを多重録音で挑戦するというのもアリですが、音符の長さと出音(弾き始めの1音)をキッチリ合わせることを心がけることが大切です。これを考えた場合、念入りに考えたギターリフやメロディになるのはある種、必然なワケなんです。

いやぁ~、、DTMってギターって ホント面白いものですね☆^^

ボストン 幻想飛行 ~奇才、トムシュルツが放つ熟成された煌びやかな音宇宙への旅~

 

[rakuten]tokyoroxx6955:10000049[/rakuten]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

あなたのフェンダーやギブソン売ったらいくら?
今すぐ査定!!
無料でこちらから

楽器買取専門店【楽器の買取屋さん】最短30分の無料の出張見積もり

【簡単3分あなたの楽器は売ったらいくら?】
簡単に査定の無料申込みができるんです!!
楽器の買い替えなどにいくらで買い取ってもらえるか!
無料査定してみましょう!!

Count per Day

  • 4395現在の記事:
  • 205今日の閲覧数:
  • 315昨日の閲覧数:
  • 2958先週の閲覧数:
  • 10157月別閲覧数:
  • 2013年12月4日カウント開始日:
ページ上部へ戻る