ベック・ボガート・アンド・アピス|ジェフベックを擁するスーパートリオ

ベック・ボガート・アンド・アピス

th_2014-03-04_1639

エリック・クラプトンのクリームに比べると活動期間が短く、知らない人も多いかと思いますが
ジェフ・ベックの参加したトリオバンドがあります。

ベック・ボガート・アンド・アピスはBBAと呼ばれるトリオバンドで

1970年代の前半トリオバンドとしてはエリック・クラプトンのクリームや
ジミヘンドリックスのエクスペリアンズに数年遅れて結成されました。

スーパーグループだけに解散も早く残念
わずかに2枚のアルバムを残して解散しています。

スティビーワンダー作の
Superstition(迷信)
Sweet Sweet Surrenderなどがヒットしましたね、

そして、その1枚が1973年に来日した時のライブアルバムで日本のみの発売となっていて
希少版でしいたが
昨年、未発表の曲も含めた復刻版が発売されました。

そしてライブアルバムの中の”Jeff’s Boogie”は
今でもコピーTAB譜はこのバージョンを採譜されているようです。

『ベック・ボガート・アンド・アピス』 – Beck, Bogert & Apprice (1973)
[rakuten]enterking:13347301[/rakuten]

『ベック・ボガート・アンド・アピス・ライヴ』 – Beck Bogert & Appice Live (1973)
[rakuten]vandar:11118324[/rakuten]

Personnel;
 Jeff Beck: Guitar, Vocal
 Tim Bogert: Bass, Vocal
 Carmine Appice: Drums, Vocal

ロッド・スチュアートの参加予定だったBBA

th_32f78c0f9943884aca180bfd7e4247f4

ベック・ボガート・アンド・アピスは
ベースとドラムにヴァニラ・ファッジのティム・ボガート、カーマイン・アピス
本来はボーカルにロッド・スチュアートを迎え結成する予定のバンドだったらしいですが
ジェフの交通事故によってバンド結成時期が延期、残念ながらロッド・スチュアートの参加は
できませんでした。

結局はBBA結成は第二期ジェフベックグループを経たあとの結成となっています。
この最強トリオ+ロッド・スチュアートで組んだバンドが実現していたらロックの歴史も変わっていた
もしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

あなたのフェンダーやギブソン売ったらいくら?
今すぐ査定!!
無料でこちらから

楽器買取専門店【楽器の買取屋さん】最短30分の無料の出張見積もり

【簡単3分あなたの楽器は売ったらいくら?】
簡単に査定の無料申込みができるんです!!
楽器の買い替えなどにいくらで買い取ってもらえるか!
無料査定してみましょう!!

Count per Day

  • 829現在の記事:
  • 194今日の閲覧数:
  • 315昨日の閲覧数:
  • 2947先週の閲覧数:
  • 10146月別閲覧数:
  • 2013年12月4日カウント開始日:
ページ上部へ戻る