企業秘密!!ブルースのコードの押さえ方

寿です。

備忘録として書いておきます。
これは、ギタリスト是方博邦さんに教えて頂いた秘密のコードですぞ
ヽ(*´∀`)ノ

ブルースのコードの押さえ方
どのようにしてますか?
別にブルースでなくともロックでもポップスでもいいですが

例えばA7であれば
通常はA7はローコードと5Fバレーのこのコードですね
A7

しかし、ブルースをこの形のコードで弾いてもイマイチ雰囲気が出ないですよね。

こちらも時々見かけるコードフォームですが
音は上のコードと似たりよったり

A77

そこでブルースでの、おすすめの押さえ方が
こちら

2014-09-19_0036

指板に度数をふっていますが、6弦から

ルート
3度
♭7度
3度
となっています。

このコードの押さえ方の特徴は3度がオクターブ違いで2つ入っていることです。

それによってコードの塊感がだせますので
なんか、まとまった感じがしていいんですね。

まさにブルースに合う押さえ方です。

また、中指でルートを押さえることによって
バレーコードよりコード移動がやりやすくなっています。

2014-09-19_0055

また、赤で囲んだ2度6度をフィルイン的に使ったり
1弦ルート ⇔ 2度
2弦 5度  ⇔ 6度
をスライドさせるとまさにブルースのカラーがだせます!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサードリンク

あなたのフェンダーやギブソン売ったらいくら?
今すぐ査定!!
無料でこちらから

楽器買取専門店【楽器の買取屋さん】最短30分の無料の出張見積もり

【簡単3分あなたの楽器は売ったらいくら?】
簡単に査定の無料申込みができるんです!!
楽器の買い替えなどにいくらで買い取ってもらえるか!
無料査定してみましょう!!

Count per Day

  • 3664現在の記事:
  • 112今日の閲覧数:
  • 604昨日の閲覧数:
  • 3936先週の閲覧数:
  • 9004月別閲覧数:
  • 2013年12月4日カウント開始日:
ページ上部へ戻る