フェンダーのアコギが気になります!!

今、とても気になってるギターがこれです。

2011-09-21-16.03b

フェンダーのアコースティックギター。その名も
Fender Acoustics Dick Dale Signature Malibu SCE

ディック・ディルさんという大御所のミュージシャンの設計されたシグネイチャー・モデル。
従来のMalibuよりも浅く設定されたボディ厚は、エレアコで使用する際のフィードバック軽減に効果的。鮮やかなサーフィン・レッド・カラー、デュアル・ピックガード、リバース・ヘッドストックが印象的とのこと。

2011-09-21-19.00

このルックス。まさに一目ぼれ状態です。

フェンダーのアコギは触れたこともなく大変興味を持ってます。

価格も6万円台と頑張れば手が届く価格帯。冬まで待ちますかね。^^

しかし印象的なルックスのギターです☆

DTMではアコギは重宝します。

おそらく少数派の意見かも知れません。DTMで音楽制作にアコギは重宝します。コード進行の確認やリズムの確認そして決定などなど。。

例えばステップシーケンサーでシンプルなドラムの打ち込み(この時点でリズムだけ決める。オーソドックスな8ビートか、シャッフルビートなのか、16ビートなのか、、、etc)そして、四小節もしくは八小節くらいでループさせ、アコギでコードを確認しつつ、コード進行を決めていくと・・・・

そのままアコギでベースとなるガイド的なリズムとコード感を持ったトラックとして録音する場合もあります。最終的にはこのトラックは削除することになります。

てな感じで、意外とアコギは活躍するんです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサードリンク

あなたのフェンダーやギブソン売ったらいくら?
今すぐ査定!!
無料でこちらから

楽器買取専門店【楽器の買取屋さん】最短30分の無料の出張見積もり

【簡単3分あなたの楽器は売ったらいくら?】
簡単に査定の無料申込みができるんです!!
楽器の買い替えなどにいくらで買い取ってもらえるか!
無料査定してみましょう!!

Count per Day

  • 713現在の記事:
  • 186今日の閲覧数:
  • 456昨日の閲覧数:
  • 2910先週の閲覧数:
  • 5338月別閲覧数:
  • 2013年12月4日カウント開始日:
ページ上部へ戻る