チャー(Char)の使用ピック|ピッキングとカッティング|

    寿です。
    先日、チャーさんの記事を書いたのでまた
    チャーさんのピッキングとカッティングを僕なりに分析して記事を書いてみました。
    th_photo_char

    チャーさんの弾くギターの音色、エフェクターはもちろんですが、やっぱり弾き方そのものからくる音色やカッティングのグルーブ感が大きいと思いますね。

    あの、倍音を多く含んだクリーントーンでも歪んだ音でも芯のあるサウンドはいったいどこから来ているのか?

    まずはチャーさんの使用しているピックについて。
    前回書いた通り
    大きな三角おにぎり型
    char,ストラップ

    先日、チャーさんのライブに行ったとき、
    使用のピックが、何かについてきた。(ストラップだったかな)
    色々と情報があって三角おにぎり型のピックであることは知っていたのですが
    正直現物を見たのは初めてでした。

    昔、アコーステッックギター(フォークギター)で使っていた、タイプのピックで厚さは1.0mmくらいでしょうかね。

    こんなピックで弾いていたのかと、驚いたと同時に
    チャーのピッキングから出てくる真のある太い倍音を多く含んだ音色とグルーブ感あふれるカッティングの秘密が僕なりに解釈できたように思います。

    ピック
    この大きなピックにより弦にあたる面積が大きくなり自然に倍音の大きな抜けのいい音を出す事ができますね。
    ピックが大きいので弦に平行にあたる
    タダ、小さなティアドロップ型のピックになれている僕にはかなり使いづらいピックですが、
    要は慣れのもんだいでしょうかね。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

あなたのフェンダーやギブソン売ったらいくら?
今すぐ査定!!
無料でこちらから

楽器買取専門店【楽器の買取屋さん】最短30分の無料の出張見積もり

【簡単3分あなたの楽器は売ったらいくら?】
簡単に査定の無料申込みができるんです!!
楽器の買い替えなどにいくらで買い取ってもらえるか!
無料査定してみましょう!!

Count per Day

  • 3821現在の記事:
  • 256今日の閲覧数:
  • 516昨日の閲覧数:
  • 4066先週の閲覧数:
  • 10713月別閲覧数:
  • 2013年12月4日カウント開始日:
ページ上部へ戻る