スティーブ・ルカサーのソロ 

スティーブ・ルカサーのソロ

Boz Scaggesのアルバム「Down Two Then Left」にある曲「A Clue」の ギターソロを録ってみました。わずか30秒のソロの中にスティーブ・ルカサーのエッセ­­ンスが盛りだくさん。

先週、コピーしたものの、中々ニュアンスが出せずに苦労したギターソロですが、なんとか動画に落としてみました。

なんといっても難しいのは
自由自在に扱うチョーキングビブラートのコントロール

ノンビブラートから徐々にしかもリズムに合わせて正確なビブラートを
ルカサーは決めていますね。

Ver4でやっと
なんとか、動画にしましたが
何度やっても、撮るたびにチョーキングビブラートのニュアンスは変わってしまいますね。

2014-11-16_0113

コピーで苦労したのは
チョーキングなのかピッキングなのか、プリングオフなのかの見分け
チョーキングダウンやプリング・オフを使って
なめらかな下降のラインを作っています。

また、チョーキングのアップやダウン時のノイズも要注意ですね~

動画の中では弦のノイズを出してしまってますね~(・・;)
スティーブ・ルカサーまた、挑戦してみます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサードリンク

あなたのフェンダーやギブソン売ったらいくら?
今すぐ査定!!
無料でこちらから

楽器買取専門店【楽器の買取屋さん】最短30分の無料の出張見積もり

【簡単3分あなたの楽器は売ったらいくら?】
簡単に査定の無料申込みができるんです!!
楽器の買い替えなどにいくらで買い取ってもらえるか!
無料査定してみましょう!!

Count per Day

  • 697現在の記事:
  • 48今日の閲覧数:
  • 429昨日の閲覧数:
  • 3194先週の閲覧数:
  • 9056月別閲覧数:
  • 2013年12月4日カウント開始日:
ページ上部へ戻る