70年代に昇華したプログレッシブロックバンド「イエス」のギタリスト
スティーブ・ハウ

th_d00e1de4fff04b99e16ef06cd7692d8e

多彩なギター技と美しいメロディ
そしてプログレッシブロックの特徴的ともいえるアレンジメントの素晴らしさ
これがスティーブ・ハウの特徴とも言えます。

「イエス」のギタリストとしては
ピーター・ハンクス、トレヴァー・ラヴィンがいますが、やっぱり「イエス」の黄金時代を
築いたサウンドの立役者といえばやっぱり
スティーブ・ハウでしょう。

スティーブ・ハウの
奏でる職人技的なメロディが「イエス」のサウンドの特徴だと言えます。
そのギタースタイルはまさに多彩で
クラッシックやジャズはもちろん、フラメンコ、ラグタイムそして随所に光る
アコースティックギターの奏法はスティーブ・ハウならではのものです。

スティーブ・ハウのギターオススメアルバム
YES 「FRAGILE」
YES の4作目のアルバムでハウの持ち味であるアコースティックギターでのスパニッシュ奏法
が楽しめるアルバム。

Error: Suspended
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

Count per Day

  • 546現在の記事:
  • 99今日の閲覧数:
  • 783昨日の閲覧数:
  • 4291先週の閲覧数:
  • 13527月別閲覧数:
  • 2013年12月4日カウント開始日:
ページ上部へ戻る