ジェフベックに関する記事 アルバム

70歳になったJeff・Beckを記念して、書き続けた記事をまとめてみました。

今回はジェフベックに関する記事 アルバム

エリック・クラプトンが在籍しのちにジミー・ペイジも参加した、ヤードバーズでのアルバム。

ジェフ・ベックグループ1期2期
そして、伝説のバンドとなったBBA(ベック・ボガード&アピス)

ブロウ・バイ・ブロウ、ワイヤードと大きな流れを作り出し、ワイヤード以降は指でのピッキングとアームによるニュアンスを重視した奏法がベックのギターアルバムの特徴となっています。

ヤードバーズ

ヤードバーズとエリック・クラプトン&ジェフ・ベック、ジミー・ペイジ | ギターとDTM Toy-Music-Blog
ヤードバーズとエリック・クラプトン&ジェフ・ベック、ジミー・ペイジ …
ヤードバーズとエリック・クラプトン&ジェフ・ベック、ジミー・ペイジ

3大ギタリストを排出した伝説のバンドヤードバース
ベックはこのYardbirds Roger The EngineerというアルバムでJeff’s Boogie (ジェフズ・ブギー )というトリッキーな曲を披露しています。

[rakuten]uresujihonpo:15326025[/rakuten]

第一期ジェフベックグループ

第一期ジェフベックグループ/Jeff・Beck Discography | ギターとDTM Toy-Music-Blog
第一期ジェフベックグループ/Jeff・Beck Discography …
第一期ジェフベックグループ/Jeff・Beck Discography
ロッド・スチュワートが在籍していた第一期ジェフベックグループ
後の構想ではティム・ボガード(ベース)とカーマイン・アピス(ドラムス)でレッド・ツェッペリンと並ぶバンドを結成しようといういう考えがありました。

第二期ジェフベックグループ

第二期ジェフベックグループ |ジェフ・ベック | ギターとDTM Toy-Music-Blog
第二期ジェフベックグループ |ジェフ・ベック …

第二期ジェフベックグループは今後のベックの音楽の流れを作ってゆく上で非常に大きな意味があったと思われます。

ブルース一辺倒から
この時期に黒人音楽・ソウルなどの影響を大きくうけ、後のスティビーワンダーとのコラボレーションもスタートします。

第二期ジェフベックグループ |ジェフ・ベック

Jeff Beck Group – Beat Club [1972] | ギターとDTM Toy-Music-Blog
Jeff Beck Group – Beat Club [1972] …
Jeff Beck Group – Beat Club [1972]

ブロウ・バイ・ブロウ

言わずとしれたギターインストの金字塔を建てたアルバムです。
このアルバムのギタリストに与えた影響は凄いものがありました。

ジョージ・マーティン氏と ギターインスト名作「ブロウ・バイ・ブロウ」 | ギターとDTM Toy-Music-Blog
ジョージ・マーティン氏と ギターインスト名作「ブロウ・バイ・ブロウ」 …
ジョージ・マーティン氏と ギターインスト名作「ブロウ・バイ・ブロウ」

ジェフ・ベック LP版のライナーノーツに楽譜が!! | ギターとDTM Toy-Music-Blog
ジェフ・ベック LP版のライナーノーツに楽譜が!! …
ジェフ・ベック LP版のライナーノーツに楽譜が!!

『ブロウ・バイ・ブロウ』以降ジェフ・ベックCD | ギターとDTM Toy-Music-Blog
『ブロウ・バイ・ブロウ』以降ジェフ・ベックCD …
『ブロウ・バイ・ブロウ』以降ジェフ・ベックCD

ゼア・アンド・バック

ワイヤードの後に出されたアルバムですが
前作2枚のインパクトが強くなかなか名前があがってこないアルバムですが名作・名演揃いです。
1980年「ゼア・アンド・バック」ツアーで来日したベックを初めて観たのもこのアルバムの思い出になっています。
There and Back(ゼア・アンド・バック)ジェフ・ベック | ギターとDTM Toy-Music-Blog
There and Back(ゼア・アンド・バック)ジェフ・ベック …
There and Back(ゼア・アンド・バック)ジェフ・ベック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

あなたのフェンダーやギブソン売ったらいくら?
今すぐ査定!!
無料でこちらから

楽器買取専門店【楽器の買取屋さん】最短30分の無料の出張見積もり

【簡単3分あなたの楽器は売ったらいくら?】
簡単に査定の無料申込みができるんです!!
楽器の買い替えなどにいくらで買い取ってもらえるか!
無料査定してみましょう!!

Count per Day

  • 343現在の記事:
  • 75今日の閲覧数:
  • 430昨日の閲覧数:
  • 2367先週の閲覧数:
  • 2596月別閲覧数:
  • 2013年12月4日カウント開始日:
ページ上部へ戻る