シングル発売されなかった「天国への階段」|レッド・ツェッペリン

さてさて、ジェフ・ベックやエリック・クラプトンの記事は多く書いてきましたが、3大ギタリストで以外とまだ少なかったのがジミーペイジ(レッド・ツェッペリン)

天国への階段

レッド・ツェッペリンと言えば真っ先に出てくるのが、「天国への階段」ですね。
この曲は1971年に発表されたレッド・ツェッペリンの4枚目のアルバム一般的にはフォーシンボルといわれているアルバムのA面4曲目に収録されて発表されました。

レッド・ツェッペリン IV

僕も以外だったのは1971年にしてレッド・ツェッペリンは4枚目のアルバムを出していたこと、何となく70年代を代表するハードロックバンドでしたので、70年代の中盤くらいに発表されたのかと思っていました。

Error: Suspended

僕がこのレッド・ツェッペリンの「天国への階段」を初めて聴いたのはいつだったか定かではありませんが、おそらく75年〜77年くらいの間にFMで何度となくレッド・ツェッペリンの特集がありその時に聞いたのではないかという感じがします。

「天国への階段」はジミーペイジの約1年程の楽曲の壮大な構想とロバート・プラントのヴォーカルと歌詞が柱となっています。

ジミー・ペイジ

レコーディングOKが出たテイクに関してペイジだけが満足せずに録り直しを要求、ジョン・ボーナムとの確執があったらしいですが、テイク2を取り直した後、ボーナムはペイジの才能にあらためて気づかされたという逸話があります。

天国への階段 未発表テイクが聞ける71年BBCライブ

やっと2003年になって

後に発売された (2003/12/17に発売)の71年BBCライブにまだ、アルバム未発表としてこの
「天国への階段」が演奏されています。
アルバムバージョンと少し違う魅力もありますが、何と言っても何の前触れも無く、未発表のこのレッド・ツェッペリンの「天国への階段」を観客がどう反応したのか?

「天国への階段」の71年BBCライブ

このBBCライブが教えてくれます。

Error: Suspended

この長い構成の謎の曲が終わると一瞬、会場が戸惑いを隠せず静まり帰ります。
多分、今のはなんて曲???みたいな
聞いた事ない曲、でも何か凄い曲だったみたいな、、、

そして次の瞬間に大きな観客の拍手が巻きおこります。

レッド・ツェッペリンはBBCライブの場であえて伏せてまだ何の知名度もない、練りにねって作り上げた「天国への階段」を試そうとしたようですね。

ロングセラーとなった「天国への階段」

そして、またこの曲がロングセラーになったのもレッド・ツェッペリンの作戦があったようです。

レッド・ツェッペリンの人気と急上昇・アメリカツアーの成功とともに、「天国への階段」はアメリカの各ラジオ局で最も多くリクエストされる曲となりました。

レッド・ツェッペリンの所属レコード会社アトランティック・レコードはを「天国への階段」シングルとして発売するよう相当強い圧力をかけたようですが、当のツェッペリン側は頑として応じなかったようです。

結果的に「天国への階段」を聞くには『レッド・ツェッペリン IV』のアルバムを買うしか無く、71年に発売された『レッド・ツェッペリン IV』は2000年までに総計1000万枚の売り上げを達成する大ロングセラーとなりました。

「天国への階段」をシングルカットしなかったことが結果として70年代にジョンボーナムの不慮の死で活動を停止・解散せざるをえなかった「レッド・ツェッペリン」のアルバムの売り上げに大きく貢献しているものだと思われますね。

Error: Suspended
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Count per Day

  • 775現在の記事:
  • 280今日の閲覧数:
  • 394昨日の閲覧数:
  • 3128先週の閲覧数:
  • 9036月別閲覧数:
  • 2013年12月4日カウント開始日:
ページ上部へ戻る