ギブソン・レスポールの魅力は

こちらに珍しいジェフ・ベックのレスポールの映像が
2014-07-27_1013

これは、40年前の映像ですが、She’s a Woman この鮮明さは驚き
そして、後半のソロの音 これはなかなか出せない
レスポールの歪ませない・ギターそのもの音が好きです。


JEFF BECK She’s a Woman 1974 live!

単にチョーキングでは出せないような音を出してますが
いくつかはナットベンドというナットより先にある弦をベンドしているテク知りましたが、時折、アームみたいなベンドをレスポールで出しますよね?

僕もこのレスポールの音にはしびれました。
レスポールと言えば歪ませたハードな音ですが
ストラトでは絶対出せないレスポールそのものの美しい原音がここにあります。
ベックはレスポール氏を敬愛して彼のトリビュートアルバムにも参加してますね。

th_72598_350960558351407_9055113_n-600x450
そして、僕も一昨年、これに憧れてOxBlood買ってしまいました!!

レスポールは
出力の大きさやFAZZやODとの相性もいいので、今はハードロックギターの代名詞になっています。

がしかし、このギターの生みの親 Les Paul氏の演奏
そもそもこのギターはこのような美しい原音を持ったギターとして設計開発されたんではないかと?

こちらは同じ曲をストラトでベックが弾いていますがレスポールの方が繊細でギターの原音みたいなモノを感じます。比較すると面白いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

あなたのフェンダーやギブソン売ったらいくら?
今すぐ査定!!
無料でこちらから

楽器買取専門店【楽器の買取屋さん】最短30分の無料の出張見積もり

【簡単3分あなたの楽器は売ったらいくら?】
簡単に査定の無料申込みができるんです!!
楽器の買い替えなどにいくらで買い取ってもらえるか!
無料査定してみましょう!!

Count per Day

  • 1568現在の記事:
  • 186今日の閲覧数:
  • 456昨日の閲覧数:
  • 2910先週の閲覧数:
  • 5338月別閲覧数:
  • 2013年12月4日カウント開始日:
ページ上部へ戻る