ギタープロセッサーAxe-Fx II 凄い機材があるもんだ

先日の
「Jess Lewisの弾くラリー・カールトン (It Was) Only Yesterday 」の記事でJess Lewisがラリー・カールトン の名曲(It Was) Only Yesterday をコピーして弾く映像を紹介しましたが

その、ラリー・カールトンの音の再現に使われたのが
このギタープロセッサーAxe-Fx II

[ad#336]

アンプシュミレーターのアンプタイプ
やアフェクターの品質の良さと数にも圧倒されるのですが、理想の音を作りたいならこちらの機能

Axe-Fx II 理想のアンプサウンドを取り込む“Tone Match”機能

Axe-Fx IIの持つ“Tone Match”とは
過去の原音、原曲の音自体を取り込んで解析し
忠実に再現する機能らしいです。

[ad#336]

“Tone Match(トーンマッチ)は、理想のギターサウンドをAxe-Fx IIに取り込む機能です。 ギターのサウンドトラックや、実際のアンプとスピーカーのコンビネーションからなるサウンドをTMAブロックが解析し、Axe-Fx IIのサウンドをTone Matchします。

これによって30年以上も前にカールトンがアナログで弾いたトーンの再現を実施しています。

音の世界もDNAクローンの時代に突入??

こちらにTone Match(トーンマッチ)機能の詳しい動画があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサードリンク

あなたのフェンダーやギブソン売ったらいくら?
今すぐ査定!!
無料でこちらから

楽器買取専門店【楽器の買取屋さん】最短30分の無料の出張見積もり

【簡単3分あなたの楽器は売ったらいくら?】
簡単に査定の無料申込みができるんです!!
楽器の買い替えなどにいくらで買い取ってもらえるか!
無料査定してみましょう!!

Count per Day

  • 2744現在の記事:
  • 122今日の閲覧数:
  • 472昨日の閲覧数:
  • 3074先週の閲覧数:
  • 9521月別閲覧数:
  • 2013年12月4日カウント開始日:
ページ上部へ戻る