ギターの基礎知識「トライアド」|初心者ギター

ギターでアドリブを弾く時に必要な基礎知識「トライアド」に関する知識は欠かせません。

「トライアド」=triadは3という意味
つまり、コードの主要3和音をいいます。

th_2014-04-06_2055

メジャーコードであれば
主要3和音は ルート 3度 5度
キーがCの例でいうと ド ミ ソですね。

マイナーキーであれば
3度が♭して
ルート ♭3度 5度となります。

そしてこのトライアド簡単な様で非常に奥が深いものです。

トライアドによるアドリブ練習方法

まずは、このトライアドの位置を確認する事をおすすめします。
キーがCの例でいうと ド ミ ソを3本の弦で押さえられる場所を見つけて行きます。

1〜3弦

2弦〜4弦

という風に、みつかりましたか?

ギターの指板の音を理解していないと最初はなかなか簡単に見つからないと思います。

超、簡単なアドリブだとそのコードが鳴っている時にトライアドの音を弾くと分散和音
(アルペジオ)としてアドリブをとることができます。

しかし、コレだけでは面白くないので
メジャーキーの時は
マイナートライアドの♭3度から3度への音を
ハンマリングオンかスライドで入れてみましょう。

どうですか?
ブルースフィーリングが出てカッコいい響きになったと思います。

「トライアド」については本当にギターのアドリブの基盤となるものです。
バークリー音楽院のトモ藤田氏の著書に「トライアド」を学ぶ上で非常にためになる
知識が書いてありますので
そちらをオススメします!!

[rakuten]dorama:11287882[/rakuten]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサードリンク

あなたのフェンダーやギブソン売ったらいくら?
今すぐ査定!!
無料でこちらから

楽器買取専門店【楽器の買取屋さん】最短30分の無料の出張見積もり

【簡単3分あなたの楽器は売ったらいくら?】
簡単に査定の無料申込みができるんです!!
楽器の買い替えなどにいくらで買い取ってもらえるか!
無料査定してみましょう!!

Count per Day

  • 1647現在の記事:
  • 46今日の閲覧数:
  • 429昨日の閲覧数:
  • 3192先週の閲覧数:
  • 9054月別閲覧数:
  • 2013年12月4日カウント開始日:
ページ上部へ戻る