前衛的ロックバンド、カーヴド・エアの名曲~今日突然に~

長崎管理人シュンです。

ビートルズ解散後、70年代に入りロック界はビートルズの遺伝子を受け継きさまざなま形で進化していったまさにロック黄金時代の幕開けでもあります。70年代に入り、プログレシヴ・ロックが突如として出現!ロック界を大いに盛り上げました。そして80年代前半、プログレシヴ・ロックはこれまた突然に衰退。。。音楽界はまた新たな分裂をはじめ、ハードロック、ポップロック、フュージョンなど多様化していきました。さて、僕は中学の時にプログレ(プログレシヴ・ロックの略)に音楽的啓示を受け、いつかはプログレをやってみたいと思いながら、オヤジになりました。笑

それはさておき、前衛ロックのプログレとは??さまざまな実験(リズムであったり楽器であったりコラボであったりetc)が行われたまさに”前衛的ロックミュージック”なのでした。そして、紹介するカーヴド・エアもまさにそうでした。

メンバーのダリル・ウェイさんは電気バイオリンを演奏するんですよ。^^ ボーカルがソーニャ・クリスティーナさん。すごいイイですねぇー!僕が好きな声ですね。

↓メンバーの要、ダエイル・ウェイさんの最近の写真のようです。

foto420

 

カーヴド・エアの活動期間はわずかに1年!!

↓僕がレコードで所有しているLIVE盤は74年の再結成のもの。ネットにジャケット画像があったので拝借しました。^^;

foto410

 

当時、このジャケットに惹かれて「ジャケ買い」でした。 が!! これが僕の感性にピタ!っとハマってしまったんですねぇー!そしてYouTubeでカーヴド・エアの動画に遭遇!もちろん、映像で見るカーヴド・エアはこれが初めて!まさに感動&感謝ですね。 邦題「今日突然に」IT HAPPEND TODY では聴いてみましょうか!!

ちょっと調べてみるとカーヴド・エアはキャラヴァンあたりとメンバーの親交があるみたいで非常に興味深いものがありますね。ポリスのドラマーでもあったスチュアート・コープランドも在籍していたバンドでサウンド的にはクラシカルな面を前面に打ち出しており、好きな人には相当ハマるサウンドだと感じますね。ギターがリードやテーマをとるのではなく、当時、電気バイオリンでダリル・ウェイさんがリードをとるという斬新さもあったのですが、日本ではあまり知られていないのではないでしょうか?ちょっと残念でもありますね。

さて、ダリルウェイさんは今も音楽活動をしておられるようで、娘さんをボーカルにした曲がYouTubeにUPされてました!!

これがまた・・・ 凄いイイ曲!!それがこれです↓

(いや~、ロックって・・・音楽って・・・ホント、いいものですね。)

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

あなたのフェンダーやギブソン売ったらいくら?
今すぐ査定!!
無料でこちらから

楽器買取専門店【楽器の買取屋さん】最短30分の無料の出張見積もり

【簡単3分あなたの楽器は売ったらいくら?】
簡単に査定の無料申込みができるんです!!
楽器の買い替えなどにいくらで買い取ってもらえるか!
無料査定してみましょう!!

Count per Day

  • 275現在の記事:
  • 112今日の閲覧数:
  • 604昨日の閲覧数:
  • 3936先週の閲覧数:
  • 9004月別閲覧数:
  • 2013年12月4日カウント開始日:
ページ上部へ戻る