オリアンティのギター奏法

寿です。これは、昨年書いた個人のBlogの記事から。
最近、音楽雑誌のYOUNG GUITARががんばっているようで、以前はヘヴィメタル一式でしたが、最近はブルースや様々なジャンルのギターの記事が出ていますね。

オリアンティ

そして付録DVDが豪華!!

今回、はオリアンティが表紙にあったので買ってみたら、なんと本人が新作のヘヴン・イン・ディス・ヘルの新曲のギターソロやリフをDVDで解説しているではないいですか!!

スローで何回も弾いてくれているので
オリアンティのギターテクニックを研究するには最もいい材料ですね。

しかも、アルバムの曲を崩さずにちゃんと弾いてくれています。

内容紹介
■約3年ぶりのメジャー2ndをリリース!
“クイーン・オブ・ロック・ギター”の最新形=『HEAVEN IN THIS HELL』に迫る!!
Orianthi (オリアンティ)
[PART-1:INTERVIEW]新たな魅力を満載したニュー・アルバムを語る!!
[PART-2:DVD]映像連動! 最新オリ’sリック&練習フレーズを大公開!!

新作ヘヴン・イン・ディス・ヘルを発売したオリアンティ
今月号のヤングギターの表紙オリアンティです。

バックナンバーがこちらにあるかも

オリアンティのギター奏法

オリアンティ

オリアンティのギター奏法の特長は、アーテキュレーション(チョーキング、ビブラートやハンマリングなど)の表情が多彩で複雑な事。

実際、耳コピーしてみましたが、何気ないフレーズだけど、その感じが出せない。。。
よくよく聞いてみると、チョーキング1つにとっても8分音符の中に素早く何度か繰り返していたりしています。
これはスロー再生しないとわからないくらいのスピードで行っていて、実際PCに取り込んで半分のスピードで再生して驚き。
普通では何気ないフレーズでももの凄いスピードでチョーキングやビブラートを掛けている。
オリアンティと言えばマイケル ジャクソンの「this is it」で見せたライトハンド奏法やタッピングに目が奪われがちですが、ギターのチョーキングやビブラート、ピッキングの基本的な技術が卓越しています。


Orianthi “How do you Sleep” At: Guitar Center
今回のアルバムから “How do you Sleep”
後半に短いソロが入ってますがそのビブラートとピッキングの返しは素晴らしいものがあります。

カルロス・サンタナが誉め称え、自分の後継者だとも認めているオリアンティの実力がギターの表情の付け方にあると言ってもいいと思います。

こちらの動画を例にとってもブルースを弾いていますが印象的な最初のフレーズですがココのチョーキングだけをとっても微妙に3回のチョーキングのニュアンスとビブラートの幅を変えている、またピッキングの返しのスピード感と強弱の出し方は素晴らしいです。

また、小さな音を上手く使っている所も見逃せません。


こちらは2007年のクラプトンの主催するクロスロードギターフェスティバル
オリアンティの22歳くらいの時ではないでしょうか?
こちらのソロはブルースで泣きのギターでサンタっぽい演奏をしていますね。

全部、コピーやり直しです(笑)

マイケル ジャクソンの
this is it のギタリストとして有名な
オリアンティは5月に来日します。
チケットが取れたので最終日の第2ステージを見に行きます。

オリアンティの来日公演を観て

オリアンティの5月の公演は見に行きましたが、予想以上に上手いというか凄かったですね。
今回の来日ではオリアンティはトリオのバンドでヴォーカルとリードギターをとっていました。歌いながらの弾く複雑なリフやオブリガードのタイミングやグルーブ感が素晴らしかったし、ヴォーカリストとしても一流ですね。
もちろんギターソロは言うまでもないです。

前作に増してブルース色を強めている今回のアルバム
オリアンティのブルースギターの真骨頂を見たいと思っています。

今までのアルバムが何方かと言えばポップ色が強かったんで、今回のアルバムはよりヘヴィでロック色が強まっています。ブルースとしては数曲、バラードがあってそこで弾くソロが素晴らしいです。
このニューアルバム『HEAVEN IN THIS HELL』の曲調は
完全にジミ・ヘンドリックを意識してます。また。スローブルースははサンタナっぽく弾いていいます。
[rakuten]guruguru2:10986698[/rakuten]
[rakuten]hmvjapan-plus:10174031[/rakuten]

また、ヤングギターの特集には
先日、横浜でセッションさせていただいた是方さんのページは12ページあります。

是方さんのブルースギターもいい!!
お見逃しなく。

バックナンバーがあればですが、こちらから探してみてください。
今回は豪華版だったんで
2冊買っとけばよかったな〜
[rakuten]dorama:10476340[/rakuten]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

あなたのフェンダーやギブソン売ったらいくら?
今すぐ査定!!
無料でこちらから

楽器買取専門店【楽器の買取屋さん】最短30分の無料の出張見積もり

【簡単3分あなたの楽器は売ったらいくら?】
簡単に査定の無料申込みができるんです!!
楽器の買い替えなどにいくらで買い取ってもらえるか!
無料査定してみましょう!!

Count per Day

  • 2032現在の記事:
  • 190今日の閲覧数:
  • 456昨日の閲覧数:
  • 2914先週の閲覧数:
  • 5342月別閲覧数:
  • 2013年12月4日カウント開始日:
ページ上部へ戻る