エレキ用MIDIコンバーター、SOUNUUS(ソナス)とは!?

長崎管理人のシュンです。
先日、東京管理人の寿さんとMIDIギターの話題になり、以前から気になっていたソナス(SOUNUUS)という機材を思い出しましたのでご紹介してみます。
↓それがこれです。

foto0890

これはなに!?と思われることでしょう。
確かリリースされてから3年位経つと思います。
当時は革命的なアイテムとして、特定の方の間では相当噂になりましたね。

簡単にご説明しますと、PCやiPadアプリなどに内蔵されているMIDIシンセサイザーの音源を経由して、エレキギターからさまざまな楽器の音色を奏でることができるという代物です。

従来のギターシンセは、特別なピックアップをギターのボディに取りつけるなど割と大がかりなものでしたし、価格もかなり高額でした。

それがこのソナス(SOUNUUS)は従来の問題をクリアした製品としては非常に画期的なものであったのです。製品自身もバージョンアップを重ねており、それなりに需要があるのだろうとは思います。

ではこの画期的な製品のデモをご覧頂きましょうか!

いかがでしょうか!?
実に画期的ですよね。
ギターが弾ければ(当然、弾き方その他コツがあると思いますが。。)
ギタリストも手軽に多重録音が可能になる。
しかも価格がナント!

1万円台から!

凄いですね!ギターのシールドをこの小さなソナス(SOUNUUS)にさすだけです。
映像でみる限りはレイテンシンーの問題もクリアーしてるようですね。
2010年に日本の方のレビュー動画を発見しました。

製品の評価はこれをご覧の方々に委ねたいとは思いますが、革命的な製品ではあるのでしょうが、日本ではほとんど認知度がないような気がします。一体なぜなのでしょうか?

筆者のようにDTMをやっててギターもまあ、そこそこ弾ける人間からしましたらば、「一度は使ってみたい!」と思うのではないでしょうか、、

筆者は早い時点でこの商品は認知していたのですが、購入までは至っておりませんでした。
それは、ギターシンセを一度は触ったことがある方は実感としてあると思うのですが、ギタープレイに相当的確なものが求められます。
それからギター独自の奏法(チョーキング、ハンマリングオンなど)の再現が難しい。。。etcなどの点があげられることから導入に二の足に踏んだというのが実情でした。

このソナス(SOUNUUS)はどうなのでしょうね!?
まあ、1万円台ですし、勉強と思って購入するのもイイかも・・・
と思う今日この頃な訳です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Count per Day

  • 395現在の記事:
  • 393今日の閲覧数:
  • 647昨日の閲覧数:
  • 5135先週の閲覧数:
  • 10863月別閲覧数:
  • 2013年12月4日カウント開始日:
ページ上部へ戻る