イーグルスのクリスマスソング

今年もあとわずか

でもその前に大きなイベントが
そう、クリスマス

家族を持ってからは賑やかなクリスマスですが
独身時代は、クリスマスは一大イベントでしたね(笑)

そこで、切ないクリスマスのバラードを
歌っているのは
イーグルス

そう、ホテルカリフォルニアで有名なアメリカンロックのバンドです。

“Please Come Home For Christmas -⇒
クリスマスには家に戻ってきて”
別れた彼女を思う切ないバラード

ドンヘンリーのボーカルがなんとも言えず切ない
名曲です。

Merry Christmas! – Please Come Home For Christmas [Eagles]

訳詞
“Please Come Home For Christmas”

ベルの音が嬉しいい知らせを運んでくる
でも 僕には最低のクリスマスだ
彼女が去ってしまい
クリスマスを一緒に祝う友達が誰もいない

聖歌隊の歌う”Silent Night”が街に流れ
ろうそくに灯りがともされクリスマス・キャロルの歌声があふれる
お願いだ クリスマスには家に帰ってほしい(家に帰ってほしい)
お願いだ クリスマスには家に帰ってほしい(家に帰ってほしい)
もしクリスマスがダメなら 新年の夜でもいい

友達や親戚はクリスマス・カードを送ってくる
星がいつもと変わらず空で輝いているように(星は今も輝いている)
今はクリスマスなんだ
愛する人と一緒に過ごす クリスマスなんだ

そして もう家を出てゆかないと 言ってくれないか
クリスマスと新年には(クリスマスと新年には)
君に家にいて欲しい
悲しみも 悲嘆に暮れることも 苦しみもない
幸せなクリスマスをもう一度

この曲はイーグルスバージョンが有名ですが1960年にリリースされたCharles Brownという方のナンバーだったんですね>>>勉強になりました。

“Please Come Home for Christmas” is a Christmas song, released in 1960, by the American blues singer and pianist Charles Brown. Hitting Billboard’s Hot 100 chart in December 1961,

また、
Bon Jovi もカーバーしています。
「Please Come Home For Christmas」

幸せなクリスマスを!!

Bon Jovi

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Count per Day

  • 281現在の記事:
  • 280今日の閲覧数:
  • 394昨日の閲覧数:
  • 3128先週の閲覧数:
  • 9036月別閲覧数:
  • 2013年12月4日カウント開始日:
ページ上部へ戻る