「24 Nights」エリック・クラプトンの全盛期

来年で70歳を迎え
ワールドツアーからの引退を表明したエリック・クラプトン

エリック・クラプトン24Nights

今年は2月に日本ツアーを敢行してくれて元気な姿をファンに見せてくれました。
全盛期から比べればやはりギターやヴォーカルのパワーは落ちたと感じたものの円熟味を帯びたプレイはやはりクラプトンならではのも

さて、この長いギタリスト&ヴォーカリスとしてのキャリアの中でクラプトンの全盛期とはいつを指すのか?

ギターの神様と言われたクリーム時代のインプロビゼーション
愛しのレイラでデュアン・オールマンと激しいギターバトルを繰り広げたデレク&ドミノスの時代、新しいレイドバックというスタイルを確立した461 オーシャン・ブールヴァードそしてアンプラグド

様々な時代とその局面で変貌を遂げてきたクラプトンですが変わらないものそれはブルースに根付いた音楽です。

エリック・クラプトン「24 Nights」ライブ映像

僕は個人的に円熟味を帯びたクラプトンの
全盛期は1990年代~アンプラグドが出るまでの3年~4年間

アルバムジャーニーマンの発売からのワールドツアー
この時期のクラプトンが最も全盛期と思っています。

クラプトンのソロになってからは珍しいライブアルバム「24 Nights」に当時のクラプトンの記録が残っています。

その時のライブはまざにギターもヴォーカルもテクニック的にも素晴らしい


レイラのB面のメロディから続くRunning on Fauth素晴らしいオープニングです。クラプトンのヴォーカルもそしてレースセンサーのブラッキーの音も素晴らしい!!

こちらは24 NightsからOld Love

Eric Clapton Old Love 24 Nights Royal Albert Hall 1990-9-1
24 Nights Royal Albert Hall 1990-9-1

1990-9-1 が示すようにクラプトン44歳の時の映像です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Count per Day

  • 800現在の記事:
  • 266今日の閲覧数:
  • 867昨日の閲覧数:
  • 5301先週の閲覧数:
  • 12026月別閲覧数:
  • 2013年12月4日カウント開始日:
ページ上部へ戻る